新宿区のペットシッター事情|安心できるシッター探しのコツ

安心なシッターを探すには、新宿区外を探してみるのもあり?
こんにちは!
ペットシッターサービスエン宇井です。
新宿区のペットシッティングをお考えの方はお気軽にご相談ください。

ペットシッター新宿区無料相談

日本一の歓楽街である歌舞伎町があり、かたや高層ビルも並ぶ人が行き交う事でも有名な東京都新宿区
以外にも新宿御苑など緑に囲まれたスペースや、神楽坂などの古くからの面影を感じる場所もあり、住民の中には、一人暮らしをされている方、お年寄りだけのご家庭も増えております。
飼い主さんに代わってペットのケアを担当するペットシッターの需要も年々増えてきていますが、子供のようにかわいい愛犬も、年齢における変化によりお世話の内容が変化していきます。

「ドッグイヤー」という言葉がありますが、わんちゃんの老化は飼い主である人間よりも速いスピードで進みます。

きたるべきときのために、飼い主さんが知っておきたいシニア犬(老犬)のお世話にも応えてくれる新宿区のペットシッター探しについてお伝えします。

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

ペットシッター探しは他の区からも考えて

飼い主と愛犬
新宿区のペットシッター事情|安心できるシッター探しのコツ

東京都新宿区を対応可能エリアとするペットシッターはたくさんありますが、どんなところにお願いするのがペットにとっていいのか、なかなか判断できませんよね。

飼い主にとって、ペットというのは家族同然のかけがえのない存在です。そこで、どのようなペットシッターがおすすめなのかをここではご紹介いたします。

一番重要なのは、ペットとペットシッターとの相性です。

人間にも相性があるようにペットにも相性があります。ほとんどのお店が事前の打ち合わせを必要としています。

忙しい飼い主にとって面倒なことかもしれませんが、打ち合わせはとっても重要です。

ペットシッターは資格がなくても従事できる仕事です。

資格を持っているからといって優秀なペットシッターとは限りませんが、専門知識の勉強をしているのかを見極める判断ができます。

そのため、ホームページのコンテンツが充実しているのかを確認し、他の区内のシッターも検討されてみてはいかがでしょうか?

また、経験と講習の有無の確認も忘れないようにしましょう。

精神的なことまで細かく聞く人の方が信頼できるでしょう。

また打ち合わせに来た人が実際にペットの世話をするのかも確認しましょう。

打ち合わせと実際にお世話をする人が違っては、ペットとの相性も見ることができないので、打ち合わせの意味がありません。

ペットシッターは、自治体に動物取扱業の登録をすることが法律で義務付けられています。

ホームページなどで動物取扱業の登録番号、所在地、責任者の氏名が明確に記載されている会社がおすすめです。

また、万が一に備えて全スタッフが保険に加入しているお店が好ましいです。

サービスを受ける前に契約を交わしますが、契約書を交わさないお店は大変危険ですのでそのようなペットシッターには依頼しないことをおすすめします。
また、契約書も明らかに依頼主に不利な記載がされているケースがあります。

例えば、「何らかの事情によってペットに事故が起きたとしても当方は一切の責任を負わない・免責とする」などと会社側にとって都合のいいような契約内容で不明瞭な契約書は、消費者契約法の観点からも非常に危険ですので、契約を交わさない方がよいでしょう。

比較的安心できるところの契約書は必ず「当方の責任において事故が起きた際はその損害を弁償しますという」というような一文が記載されています。

料金が高い安いでお店の判断は出来ません。

初めて依頼する場合、疑問や質問などたくさん出てくると思いますが、お店の規模にはこだわらず、何事にも一つ一つ丁寧に対応してくれる方をおすすめします。

~信用されるペットシッターの選び方についてはこちらもどうぞ~

信用されるペットシッターの見分け方6つ【お客様の秘密を守ります】

2016.10.16

新宿区のペットシッターの仕事

人懐っこいフレブル
新宿区のペットシッター事情|安心できるシッター探しのコツ


ペットシッターの 基本的なサービスは以下の通りです。

【 わんちゃんの場合】お散歩、ご飯の用意、トイレの掃除、散歩の代行

【猫ちゃんの場合】 ご飯の用意、トイレの掃除、遊び また、爪切りや ブラッシング などを依頼することもできます。

新宿区でペットシッター を探すときに目立つのは、犬の散歩代行です。 わんちゃんにとってお散歩は、体力維持だけにとどまらず、五感を鍛えるためにも大切な日課です。
老犬になると、人間と同様に 痴呆症になるわんちゃんもいますので、知らない人やもの、見たことのない風景などを見たり、知らない虫や草花に出会ったりなど、散歩でわんちゃんの感性を刺激してあげましょう。

とはいえ、お年寄りのみの世帯やおばあちゃんの1人暮らしなど、お散歩に連れて行きたくてもいけない事情がある飼い主さんも多いでしょう。

そうした場合に利用したいのが 、ペットシッターによる犬の散歩代行サービスです。

そのためペットシッターを依頼する第一の基準として、「信頼できること」が大切です。

とくに、お年寄りだけの世帯などは、お子さん世代も交えてどういったサービスをどれくらいの頻度で受けるかを相談し、サービスを依頼する前に一度カウンセリングを受けることをお勧めします。

新宿区のペットシッターの相場は?

見つめる大型犬
新宿区のペットシッター事情|安心できるシッター探しのコツ

東京都新宿区のペットシッターの相場は、他の23区内とだいたい同じくらいです。

東京を中心に派遣を行っているお店がありますが、どちらも料金に大きな差はありません。東京に会社があるから高いといったことはありません。

なお、サービス対象はワンちゃんや猫ちゃん、小動物、鳥などペットによって、多少価格が変わります。

・犬のペットシッターの相場
犬の場合1回あたり2,300円~3,500円程度が相場です。

また、追加1匹あたり1,000円~2,500円程度増額となるところが多いようですが、多頭でも同料金の会社もあります。

料金は、小型・中型・大型・特大など、犬の大きさによって異なります。

・猫のペットシッターの相場
猫の場合1回あたり2,000円~3,000円程度が相場です。追加1匹あたり500円~1000円程度増額となるところが多いようですが、猫の場合も多頭でも同料金の会社もあります。
・小動物のペットシッターの相場
最近、ウサギを飼育している方が増えてきており、ウサギ・ハムスターなどの小動物のペットシッターは1回あたり1,800円~3,000円程度が相場です。

上記の金額以外に追加で、お店から自宅までの交通費や初めて利用するお店はどのお店も初回打ち合わせ料として、1,000円~1,500円が別途必要です。

一日複数回来ていただく場合や回数券システムなど、お得な割引き制度を取り入れている会社もあります。

新宿区のペットシッターの評判について

自宅にいる猫
新宿区のペットシッター事情|安心できるシッター探しのコツ

ペットシッター利用の一番のメリットはペットが慣れた自宅でお留守番ができるということ。

ペットたちにとって環境の変化は多大なストレスになりますので、いつもと変わらない環境でお留守番できるということは嬉しいことです。

実際、ペットシッターを利用した人たちも、自宅でお世話をしてくれるのでペットがストレスや不安を感じにくく、送迎が必要ない点などペットホテルを利用するより良かったというも多数ありました。

しかし、便利な反面、ペットがケガにあう、家の物を勝手に使用する、お願いをしていた業務を怠っているなどのトラブルも発生しております。飼い主が見えないからといって手抜きは許されない事です。

トラブルに合わないよう、会社選び・ペットシッター選びは大変重要です。

依頼主のニーズにあったサービスをしっかりと提供してくれる人と出会えれば、急な外出・体調不良・旅行などでペットのお世話ができない時にも便利に利用が出来ます。

是非、ペットの相性に合う素敵なペットシッターさんを見つけてください。

犬の散歩代行だけじゃない、老犬介護という仕事

高齢犬のゴールデン
新宿区のペットシッター事情|安心できるシッター探しのコツ

最近 、新宿区以外でもそうですがペットシッターへの依頼で増えているのは、高齢わんちゃんや介護が必要な愛犬のお世話です。

今や過半数の愛犬が老犬と推察されているほど、ペットの高齢化現象は進んでいるのです。

ペットの医学的な発展や食べ物の改良などに加え、ペットを家族としてケアする考え方が広まったことも背景にあると考えられます。

愛犬の寿命が10年以上に延びる中、飼い主の高齢化とともに高齢わんちゃんや介護が必要なわんちゃんのお世話をどうするかという問題があります。

若くてまだまだ元気なわんちゃんのケアをするペットシッターと、すでに年を相当取ってしまった高齢犬・介護犬の介護はサービス内容がかなり違います。

「食事の世話」「トイレのお掃除」「お散歩」「遊び相手」「ブラッシング」といったサービスが一般的なシッティング内容ですが、高齢犬の場合 「食事の介助」、「トイレの介助」、「オムツの交換」などなど 、人間の高齢者ケアと同じようなサービスが必要とされます。

さらに、体を拭いてあげたりなど、動くことも困難な 高齢犬を持ち上げていろいろとケアするという作業は予想以上に体力が必要となります。

高齢者だけの世帯や、女性の1人暮らしなどでは難しい場面も多いので、ペットシッターに依頼するのがおすすめです。

特に女性のペットシッターよりも体格がよく力も強い男性のシッターが向いているといえるでしょう。

ただし、無理に男性シッターに限定する必要はありません。

正しい知識を身につけているプロのペットシッターであれば、女性でも高齢犬や介助の必要な犬のお世話は十分可能です。

高齢犬の介護は、その子の状態によってさまざまでなかなか正しいケア方法が画一化されていません。

何よりもこういったわんちゃんに対するケアの経験が必要となるため高齢犬の介護を依頼する場合には、ケアが難しい犬のお世話をしたことがあるかどうかを確認したほうがよいでしょう。

また高齢犬は、肉体面でもそうですが、精神面でも孤独を感じているケースも多くなってきています。

しっかりとスキンシップをしてくれるシッターさんを選択することで、飼い主さんの心的なケアもしてあげることが重要です。

そういった観点でも、シッター探しの条件を新宿区だけではなく、23区内に広げてシッターを探すことが非常に重要ですね。


ペットサービスエン無料相談はこちら




より快適に、あなたのペットをお預かりします

どんな状況でも飼い主様とご家族が幸せで過ごせるようご協力させていただきます。