元気な大型犬の多頭飼いで起こる問題は犬の散歩代行で解決!?

仲が良い大型犬
多頭飼いする飼い主さんへ、大型犬を満足させる散歩をサポート。
こんにちは!
ペットシッターサービスエン宇井です。
群れを作る社会性動物である犬にとって、本来多頭飼いはとても自然な形態のはず。

ところがいざ多頭飼いを始めてみたら、「こんなはずではなかった」と飼い主がストレスを溜め込んでしまうことがあります。

せっかく大好きな大型犬に囲まれた生活を実践しているのに、イライラばかりでは楽しくないばかりか、犬にとっても人にとっても、一つもいいことはありません。

こんなとき、多頭の大型犬たちに振り回されてヘトヘトになった飼い主さんが一人で問題を抱え込んでいても、なかなか解決にはつながりにくいもの。

そんなときこそ、ペットシッターの出番です。

もしかしたら、本来目指していたはずの楽しい多頭飼いにつながる道が見つかるかもしれません。

大型犬の多頭飼いがうまくいかない原因

遊ぶ大型犬
元気な大型犬の多頭飼いで起こる問題は犬の散歩代行で解決!?


大型犬の多頭飼いがうまくいかない――。その原因として多いのは、組み合わせのミスマッチです。
たとえば・・

  • もともと大人しい性質だった先住犬が寂しくないようにと迎えたはずの後輩犬が、元気過ぎて先住犬がすっかり萎縮してしまっている。

  • 先住犬が独占欲の強い犬で、後輩犬に対して嫉妬をむきだしにするあまり、やたらと攻撃的になってしまった。

  • 体格の違う犬を迎えた結果、小さいほうの犬がいつも追い回されることになり、ついには流血するほどのケガを負わされてしまった。

  • シニア犬を若返らせることが目的で子犬を迎えたはずが、騒がしい子犬の存在がストレスになっているのか、かえって元気がなくなってしまった。

  • 1匹だけ犬種の違う犬がいつの間にか仲間外れにされるようになり、いまではイジメの的にされることが多くなった。

こういったケースは、残念ながら大型犬の多頭飼いとしての組み合わせが良くなかったことから端を発しています。

厳しい言い方をするなら、飼い主さんの認識の甘さが招いてしまった事態ともいえるのかもしれません。

満足できる運動量には個体差がある

フリスビーで遊ぶ犬達
元気な大型犬の多頭飼いで起こる問題は犬の散歩代行で解決!?

多頭飼いする飼い主さんの多くが、すべての大型犬を同時に連れて散歩に出かけるのではないでしょうか。

もちろん何度かに分けて散歩をする飼い主もいるとは思いますが、おそらくはそちらのほうが少数派です。

多頭飼いのデメリットとしてよくあげられることですが、多頭の犬を同時に散歩させていると、どうしても運動量が足りない大型犬、散歩に満足できない大型犬が生じやすくなることが指摘されています。
たとえば、もともと愛玩犬の多い小型犬種と、猟犬としての歴史をもつ大型犬種。

体格的にはもちろんのこと、必要とする運動量にはかなりの違いがあるものです。

愛玩犬にとっては歩く距離や運動の強度が充分な散歩であっても、猟犬の多い大型犬たちにしてみれば物足りないのかもしれません。

そして運動不足が重なっていくうちに、どんどんストレスを溜め込んでしまうこともあるのです。

これはなにも犬種の違う犬同士だけの話しではありません。

老犬と若犬にしてみても、必要としている運動量の差は歴然としているのです。

ストレスを発散させるための散歩

笑顔の犬
元気な大型犬の多頭飼いで起こる問題は犬の散歩代行で解決!?

こういった運動不足により大型犬が持つストレスは、イライラをまねきやすくなります。多頭飼いの犬の中にフラストレーションを溜め込んだ犬がいたら、トラブルが起きやすくなっても不思議はありませんよね。

他の犬を追いかけまわしてしまったり、しつこく遊びに誘う元気のありあまったタイプの多い大型犬は、散歩や運動でストレスを発散させてやるのが一番。

わんぱく小僧が外で元気よく遊びまわった日は、ぐっすり眠ってくれるのと同じ理屈です。

しかし、多頭飼いする飼い主さんがそういう個別の散歩や運動をさせようにも、ひとりでこなそうとすればするほど、今度は飼い主さんが疲労でヘトヘトになってしまいかねません。

そこで、元気がありあまっている大型犬達の散歩をペットシッターに依頼してみるのはどうでしょうか。

歩いたり走ったりするのはもちろんのこと、広場で思いきり遊ばせたりすることで、かなりのストレス発散が期待できるはずです。

また、散歩の途中でちょっとしたトレーニングをいれてもらうことで、元気な大型犬の知的欲求も満たしてやれるかもしれません。

おもちゃについてのワンポイントアドバイス

大型犬のイラスト
元気な大型犬の多頭飼いで起こる問題は犬の散歩代行で解決!?

ペットシッターが犬のお世話をするとき、攻撃的な犬がいると刺激をしないように作業ができる範囲が限られてしまうことがあります。

反対に、犬がペットシッターに対して友好的であればあるほど、仕事がしやすくなるのは間違いありません。

ペットシッターの仕事がしやすいということは、いろいろな面で見落としが少なくて済むことにつながります。

そのためにも、飼い主さんの不在時にペットシッターがお世話をするときは、いかにも犬たちが好みそうなオモチャを用意しておくのがおすすめです。

そして、そのオモチャで遊べるのは飼い主さんが不在のときだけ、という状況を作っておくことで、より効果があがりやすくなるのです。

犬たちが夢中になってそのオモチャで遊んでくれたら、ペットシッターが仕事をしやすくなるのはもちろんのこと、多少なりとも飼い主さん不在による不安をやわらげてあげられるかもしれません。

これは、オヤツにもいえることです。

留守番のときにだけもらえるオヤツがあると、ペットシッターと犬との距離がぐっと縮まるかもしれません。

しかし、複数の犬がいれば体質もいろいろという場合もあります。

不用意な誤食事故を防ぐためにも、留守番用のオヤツはどの犬が食べても問題のない素材でできたものだけにしておくことが大切です。

多頭飼い生活 悪循環から好循環へのスイッチ

のびのび遊ぶ犬達
元気な大型犬の多頭飼いで起こる問題は犬の散歩代行で解決!?

ペットシッターに散歩を依頼することで、元気すぎる大型犬のストレス発散ができるようになると、多頭飼いの犬達は精神的な落ち着きを取り戻しやすくなるはずです。

それは同時に穏やかな散歩を好む犬のストレスをやわらげることにもつながり、

不協和音ばかりだった大型犬の多頭飼いの生活に穏やかさを取り戻す、最初の一歩になるかもれません。

また、犬たちの状況に改善がみられるようになれば、飼い主さんの精神的・肉体的ストレスも軽減できるはずです。

それによって、1頭1頭の様子をしっかりと把握するゆとりが生まれれば、悲観的になりかけていた多頭飼いの生活を、良い方向へと変えていく力になるのではないでしょうか。

あらためて大型犬の多頭飼いをするうえで必要な、基本的なしつけを入れなおそうという気力だってわいてくるかもしれません。

大型犬の散歩代行についてはこちら

ペットシッターを活用することが糸口になるかもしれない

仲良しの3頭
元気な大型犬の多頭飼いで起こる問題は犬の散歩代行で解決!?

飼い主さんは、多頭飼いという犬の群れのリーダーです。

群れを良い方向へ導くためなら、どんなささいなことでも始めてみることが大切なのではないでしょうか。

ペットシッターがちょっとしたお手伝いをすることで、大型犬の多頭飼いによる悩みを解決するための糸口が見つけられるかもしれません。


ペットサービスエン無料相談はこちら

より快適に、あなたのペットをお預かりします

どんな状況でも飼い主様とご家族が幸せで過ごせるようご協力させていただきます。