世田谷区でペットシッター・散歩代行を頼む3大メリットとは?

くつろぐ女性と犬
世田谷区のペットシッター利用は在宅時の犬の散歩代行でも
こんにちは!
ペットシッターサービスエン宇井です。
世田谷区のペットシッティングをお考えの方はお気軽にご相談ください。

ペットシッター世田谷区無料相談


東京都23区で最も人口の多い東京都世田谷区。

23区の南西部に位置し成城や等々力など閑静な住宅街が真っ先に挙げられ、どちらも高級なイメージがあります。若者達が住む下北沢や三軒茶屋の街なども有名です。

駒沢公園にはドッグランもあり、愛犬との散歩に適した公園がある愛犬に優しい素敵な場所です。ペットの散歩にもおすすめの場所といえます。

そんな世田谷区でペットシッターをお願いする場合、主にペットホテルやペットシッターが集中しているのは、やはり駒沢や成城といった地域に集中しているという点が挙げられます。

ペットシッターの仕事といえば、誰もがまずイメージするのは、飼い主が留守にするときにお世話をすることではないでしょうか。

もちろんそれはその通りで、飼い主の多くが留守中の愛犬の世話を依頼するために、初めてペットシッターを利用することが多いのです。

とはいえ、ペットシッターの仕事は飼い主が不在のときだけとは限りません。

飼い主が家にいるときにも、様々なお手伝いをしています。

飼い主が家にいるのに、どうしてわざわざペットシッターを頼む必要があるの?と疑問に思われる方がいるかもしれません。

しかし実際に犬と暮らしていると、在宅中でもペットシッターに手伝ってほしくなる場面は必ずあるものなんです。

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

ケガや病気で体が思うように動かせないとき

腰痛で歩けない女性
犬の食事を用意したり、散歩に連れ出したり、トイレの掃除をしたり……。

犬のお世話は1年365日休みなしです。

そんなことは犬と暮らすうえでは当たり前のことであり、大変だと思ったこともなければ苦に感じたこともない……

と思っていたはずが、飼い主さんが病気ケガをして体が思うように動かなくなると、初めてその大変さをひしひしと実感することになるのかもしれません。

飼い主さん
とはいえ、大切な愛犬のためだから、多少体がつらかろうとがんばっていつも通りに世話をしなければ……。

とヨレヨレになった体にムチを打つぐらいなら、ペットシッターに世話を依頼するほうがずっと建設的なのではないでしょうか。

体がしんどい中で無理をして散歩に連れ出したところで、犬が満足するほどの距離を歩かせたり、運動をさせることはまず不可能です。

遊んであげるだけの気持ちの余裕は失われているでしょうし、なにより無理をしたことで自分自身の体調を悪化させてしまったら、それこそ元も子もありません。

いつも通りに動くことがしんどいときは、無理をせずに愛犬の世話は思い切ってペットシッターに任せてしまいましょう。

そして大人しく養生し、一日でも早く復活することが犬のためにもなるのではないでしょうか。

元気な大型犬の散歩代行についてはこちら

仕事が忙しくて気持ちに余裕がないとき

眠るトイプードル
仕事が忙しいのにいつも通り家事もこなしつつ、犬の世話だって手を抜いたりしない……。

世田谷区に住む飼い主さんは、そういう毎日を無理をしてまで続けていたら、ヘトヘトになって倒れてしまっても不思議はありません。

そんなときは仕事が忙しいときの期間限定でペットシッターを利用してみてはいかがでしょうか。

愛犬の散歩代行を行ってもらうだけでも、意外なほどゆとりを取り戻せることがあります。

飼い主さん

病気をしているわけでもないのに、犬の世話をペットシッターに依頼してもいいものだろうか……。
そんな罪悪感を抱いてしまう飼い主さんは、実は少なくないのかもしれません。
しかし、疲労が原因で肉体的にも精神的にも余裕が失われてしまったら、自分がつらくなるのはもちろんのこと、愛犬までもが不安にさらされてしまうことになるでしょう。

なぜなら、犬は飼い主の気持ちにとても敏感な生き物だからです。

いやいや、忙しいからこそ愛犬との散歩がストレス解消になる――。

そんな飼い主は、ケージや犬用トイレの清掃などをペットシッターに依頼すると良いかもしれません。

愛犬と楽しく散歩をして帰ってきたら、寝床も給水器も、犬の使うものがすべてピカピカになっていた……。それだけで、ずいぶん疲労感がやわらぎそうな気がしませんか?

~世田谷区で愛猫のシッターをお探しならこちらもどうぞ~

【世田谷区のペットシッター】猫ちゃんの料金どれくらいかかる?

2016.10.30
トイレの為の散歩は準備万端で
ペットシッターのもっとも大きな役割の一つに「トイレの為の犬の散歩代行」があります。

トイレは完全屋外派の愛犬の場合、この点が何よりの心配事でしょう。

特に人見知りの愛犬の場合、飼い主さん以外と外出する事はとても不安なものです。

散歩のルートは初めに打ち合わせ時ペットシッターと一緒に歩きましょう。

地図だけではつたわらない事も散歩には多いものです。

愛犬がいつも立ち止まる場所、苦手とする犬や場所がある場合も事前に伝えておく必要があります。

また、愛犬の咄嗟の行動に対処するためにも、迷子札を必ずつけておく、首輪やハーネスに破損個所が無いか事前に確認をしておきましょう。

多頭飼いゆえの悩みから解放されたいとき

仲良しな2頭の犬
犬の多頭飼いをしていると、たとえ犬のいる生活が上手くいっていたとしても、大変なことはつきものです。

散歩に費やす労力だけをとってみても、1匹飼いとは比べものになりません。

食事を用意するにしても使い終わった食器を洗うにしても、当たり前のことですが一苦労です。

さらにはトイレをきれいにしてもしても、次から次へと犬たちが排泄することだって珍しいことではありません。

それこそが多頭飼いの醍醐味だ!と言えなくもありませんが、ときには自分の時間を持ちたくなることだってありますよね。

また、運動量が足りている子と足りていない子がいることに気づいていても、忙しい毎日が続く中では、なかなか個々に対応してあげることが難しく、気づいているのになにもできないことがストレスになってしまうことだってあるかもしれません。

そんなときもペットシッターができるお手伝いはたくさんあるはずです。

たくさんの運動を必要としている犬を個別に散歩に連れ出してもらったり、ブラッシングやシャンプーを依頼したり。

多頭飼いが上手くいっていないと感じている場合には、しつけ、トレーニングのコツなどをペットシッターの目線でアドバイスしてもらうことで、状況が改善することだってあるのです。

世田谷区で大型犬の多頭飼いをされている活用事例

ハスキーの多頭飼い散歩
世田谷区A・Kさん(50代女性)のペットシッター活用

ハスキーを多頭飼いされているA・Kさん。

お住いの世田谷区では自然に囲まれ、犬を飼う方との交流も多く素敵な環境で過ごされていますが、多頭飼いの散歩は大変です。

犬達がいきいきしているのも飼い主さんの日々のお世話の影響ですが、それは犬にとって必要な必要な散歩を欠かさず行っているためです。

雨の日はレインコートを着ながら、飼い主さんと同伴で夏場は早朝、日が暮れてからの散歩代行が日課となっている今。

6頭の犬たちは年齢も様々ですが、私が担当することの多い7ヶ月の子にとっては社会勉強にもなり、日々犬同士、人間とのルールを学べているかと思います。

ペットシッターを利用することで生まれる「ゆとり」

お客様とシッター
世田谷区で飼い主さんがが在宅中でもペットシッターを利用することで、小さな「ゆとり」が生まれます。

それはちょっとした時間なのかもしれません。しかし、意外なほど飼い主さんを楽にしてくれることもあるのです。

犬がいることで飼い主の毎日が楽しいものになることが、犬が幸せになるための早道。

そんな毎日を作るためのお手伝いが、ペットシッターの仕事なのかもしれません。

これからペットシッターをご利用される方へ

ワンポイントアドバイス

ここからは実際に世田谷区でペットシッターを選ぶ上でのポイントをお伝えします。

■ 料金設定を事前に確認しておく
ペットシッターではペットの種類・体重・投薬や介護などの負担の程度により料金が異なります。

初回登録費、交通費などの基本料金に加えて、「追加1頭毎に1000円、大型犬500円追加、投薬料金500円」等の追加料金の情報を確認しましょう。

また、一律で1時間4000円といった一律料金を設定している場合には、追加料金が発生しないことも確認しておきましょう。

■動物取扱業者標識の表示

ペットシッター業は市区町村への事前登録が必要です。

そして登録時の動物取扱業者標識もしくは登録証の提示が必要になります。

また、事業所以外の場所で営業をする場合には、顧客と接する職員全員が名札を提示しなくてはなりません。

ペットシッターを運営している会社は実店舗を持たない場合が多いため、事前にホームページ等で動物取扱業者の登録の有無を確認しておくことが非常に大切です。


■よくある質問を確認して不安点を解消しておく

初めて利用する利用者様は不安なことが多いでしょう。

それらを解決してくれるのがホームページにある「よくある質問」です。

よくある質問がある場合はまずそちらを確認してみましょう。

おうちの鍵の受け渡し方法や、ペットシッターへの緊急連絡先、利用規約や免責事項(どんな場合には、ペットシッターに責任が発生しないか)など、これらのよくある質問からペットシッターとの相性を確認することができます。

訪問が基本となるペットシッターを利用する際は、自宅の鍵を預けなければならないため、残念ながら金品の盗難事故もまれに存在します。

また、サービスの品質についても、ペットからは感想を聞くことができないため、サービス内容も確認しづらいという問題もあります。

そのため、知りたい質問事項がない場合や直接聞きたいことがある場合は、実際に電話をかけ電話での対応も含めて確認するのがよいでしょう。

電話で複数のペットシッターと会話をしてみて、信頼して預けられるペットシッターを選ぶのもよいでしょう。

また大型店など随時ペットシッターを募集している店舗の場合、頻繁に担当のペットシッターが変わることがあるので、ペットシッターの業務規模やスタッフ名を確認しておくことも大切になります。

■ ホームページ内で情報提供がされているのか確認する

ホームページ上でしっかりと情報を掲載している場合はそちらを確認するのがよいでしょう。

ペットシッターの名前をインターネットで検索し、ウェブ上で日々情報提供記事が更新されているのかを確認しましょう。

ただし、口コミ・評判が書いてあるまとめサイトはペットシッターにとってあまりよくない感想は掲載されない上、主に宣伝目的の場合が多いためそこを見て判断は難しいでしょう。

また、ペット友達に相談し信頼できるペットシッターを紹介してもらったり、かかりつけの動物病院で評判の良いペットシッターを教えてもらったりするのもよいでしょう。


■ 打ち合わせ時の確認事項をチェック

ペットとの相性やペットシッターの人柄を確認するためにも打ち合わせは実際に担当するペットシッターと行いたいものです。

しかし、大型店舗の場合だと打ち合わせ担当の者が打ち合わせに来ることがあります。

やむを得ず打ち合わせ担当の方と打ち合わせをする場合には、担当シッターの情報(経験と講習受講の有無等)を伺いましょう。

打ち合わせ時には、一般的に以下の説明を受けます。

・ 緊急時の連絡方法
・ 緊急時の対応
・ 鍵の紛失、盗難対策
・ 部屋の温度設定などの基本事項
・ キャンセルが受け付けられる期限

この事前説明はペットシッターの方から自発的に説明してもらえることが望ましいです。

また実際の契約書と利用規約が、ホームページに掲載されているものと同じかどうかを確認しましょう。

細かな免責事項が書かれていることがあるので、全て読むことがとても重要です。

ペットシッターと実際に会ってみて話をした感覚から、ペットに対する熱意やペットシッターの人柄などを確認し、少しでも不安を感じた場合は遠慮なくお断わりましょう。

まとめ

公園で愛犬と撮影
いかがでしたでしょうか。ペットシッターを選ぶ時のポイントを紹介させて頂きました。

世田谷区のペットシッター選びにご不安を抱えられている方は、こちらの記事を参考にし、優良なペットシッターを選んでみてください。

また、ペットシッターの多くは初回利用時のキャンセルを受け付けています。

しっかりと話を伺ってみて、信頼できるペットシッターかどうかを確認し、今後お付き合いできるサービスかどうかを念入りに判断するとよいでしょう。


ペットサービスエン無料相談はこちら




より快適に、あなたのペットをお預かりします

どんな状況でも飼い主様とご家族が幸せで過ごせるようご協力させていただきます。