育犬ノイローゼになる前に|飼い主さんをサポートするペットシッター

楽しく散歩する犬
育犬ノイローゼの飼い主さんが心のゆとりを持つために
こんにちは!
ペットシッターサービスエン宇井です。

愛犬を家族に迎える事を決めてから、皆様には様々な楽しい日々を過ごしているかと思います。

日本でペットを飼う世帯数は変わらず安定しており、14歳以下の人口よりも上回っているとも言われています。

そんな中、「こんなはずじゃなかった」と愛犬との生活で悩みを感じてしまっている方が多く存在するのも事実です。

今回はそんな育犬ノイローゼお悩みの方に向けた、身近でサポートするための考え方とペットシッターの利用についてお伝えします。

愛犬を家族に迎えてから起こる事とは?

散歩中の愛犬との一コマ
まず、育犬ノイローゼという言葉についてお話しします。

愛犬を家族に迎える理由は様々です。子供の頃から思い描いていたものを形にする方もいれば、子供が生まれ、情操教育の一環として動物を飼う方、一人暮らしをしている方にとって心を癒すパートナーとして迎える方もいます。

巷では愛犬と暮らすための知識や情報が溢れていますが、実際に愛犬と暮らしていくと何が良いことなのかもわからなくなってしまいますよね。

人それぞれ飼うタイミングや環境も違う中で、突然問題は現れていくのが現状かと思います。

一昔前は愛犬は外で飼うことが当たり前となっておりましたが、時代が変わりより家族の一員として愛犬を室内で飼う事により、犬と人との接する距離感は大きく変わりました。

現状の問題は人間社会で犬と暮らす上で適切な距離感を見つけていない状態が問題となっているようですね。

アメリカ等の海外で自然に囲まれた広い空間で飼う場合と、東京の都心で飼うのとは犬自身の行動にも、飼い主さんの生活スタイルにも大きな違いがあることが分かるかと思います。

つまり、日本人とペットならではのこの問題でもあるのです。

あなたの日常をお助けするには、アドバイスも良いけど・・

大型犬の子犬
では実際に育犬ノイローゼの悩みを抱える飼い主さんは、どのようなことに困ってしまっているのでしょうか。

マンションなどの集合住宅で起こるトラブル

一つは集合住宅で近隣の迷惑になってしまう犬の吠える行動が気になってしまう場合です。

飼い主さんは愛犬が静かに過ごしてもらえないかを様々試していますが、 解決には繋がらず途方に暮れてしまうパターンがあります。

犬が吠えてしまう原因は様々考えられ、何をどうすればいいのか悩んでしまうことで悪循環となり、時には愛犬に強く当たってしまうこともあるかもしれません。

愛犬がもともと生まれもっている性質があり、家に迎えるまでの過程で社会経験不足や、トラウマを抱えるケースももちろんあります。

飼い主さんだけが必ずしも問題ではなく、根本的にペットショップなどの環境が大きく影響していることも少なくないことは頭に入れていただきたいです。

パワフルな犬の性格に圧倒されてしまう

日本では小型犬を飼う方が圧倒的に多いのですが、性格は様々。

小さくて可愛い・・そんな姿で迎えたとしても、大きくなり家庭の環境に慣れていけば非常にパワフルな犬たちが多いかと思います。

初めに犬に対して家がいていたイメージと違い、戸惑ってしまう方も多く見受けられますね。

保護犬など、特殊な境遇で過ごした犬を迎えた方

日本ではペットを一度迎えた方が手放してしまうケースも非常に多く見受けられます。

そういった境遇の犬たちが新たな飼い主さんの元へ行く事は幸せなことですが、一度負ったトラウマはそう簡単に塞がるものではありません。

散歩中他の人と遭遇するとパニックを起こしてしまう子もいれば、特定の状況が引き金となる子もいます。

飼い主さん一人では解決できない、大きな課題です。

このような様々な家庭環境の中、今過ごしている環境をより良くするために、飼い主さんを身近にサポートできるペットシッターというサービスはご存知でしょうか?

東京都23区でペットシッティングを行っておりますので、お気軽にご相談ください。

ペットシッター無料相談

日中の運動不足を補い、健康管理にも繋がるシッター利用はいかが?

桜の下で座る犬
ペットシッターサービスは、あなたのご自宅にスタッフが直接伺い、愛犬の日常で飼い主さんが望む通りのお世話をさせていただきます。

飼い主さんがいない間にお世話するイメージですが、日常でお困りの方には在宅中でも利用される方が非常に増えています。

都内で多い愛犬の問題行動は、飼い主さんがいない間自宅で日々過ごすことによるストレスの蓄積から、感情をコントロールできずに吠えるなどの形に現れてしまうことが多く見受けられます。

犬は人の感情を読み取る力に長けているため、飼い主さんが日々憂鬱な気持ちでいれば、愛犬の行動にも少なからず影響があります。

育犬ノイローゼになる方の多くは、「愛犬のお世話は自分自身で行わないといけないのではないか」

と感じてしまう飼い主さんは非常に多いのですが、 シンプルに散歩をペットシッターにお願いし、愛犬の運動量を満たすことで愛犬の問題行動が軽減されることがあります。

飼い主さん自身が一度愛犬と距離を置く時間も、必要なのでないでしょうか。


ペットサービスエン無料相談はこちら




より快適に、あなたのペットをお預かりします

どんな状況でも飼い主様とご家族が幸せで過ごせるようご協力させていただきます。