ペットホテル利用の際は|猫を東京で預ける為の7つの注意点とは?

見つめるラグドール
初めての方が東京で猫ちゃんに良いペットホテル・その他の預け先を見分けるには?

こんにちは!東京都23区対応ペットサービスエンの宇井 皓之です。

飼い主さん
急な出張や旅行でどうしても愛猫を連れて行くことができない・・

そんなときに一般的に飼い主様が知っている、ペットを預けるサービスの一つがペットホテルです。

ですが、大切な猫ちゃんを初めてホテルに預けるのはとても不安になりますよね。大切なペットの不安を少しでも解消し、安心、安全に過ごすためにはどのようなことを注意すればよいでしょうか。

そこで今回は初めての方も安心できる東京でペットホテルを利用するときに注意しておきたい7つのポイントを紹介したいと思います。

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。
環境を知りたい

初めての方はいざ東京でペットホテルを利用しようとしても、どんなところがいいのか迷ってしまいますよね。

ペットホテルといっても、専門のペットホテル、ペットショップやサロンに併設されているペットホテル、動物病院に併設されているペットホテルなど種類はたくさんあります。

それぞれのペットホテルにより、特徴やサービス内容が違います。ペットに合ったサービスを受けることのできる施設を選ぶことが大切です。

例えば、多頭飼いのペットや普段ゲージの中にいないペットの場合は、ゲージタイプではなく個室タイプのペットホテルを選ぶのがよいでしょう。

また、犬の鳴き声などが苦手な猫ちゃんの場合には、犬の鳴き声が常に聞こえてくるような場所で過ごすことはとてもストレスになってしまうので、ゲージが隣り合っていないことや部屋が分けられていることを確認しておくことが大切です。
そして、ゲージタイプのペットホテルも個室タイプのペットホテルも、感染症対策や空調管理がきちんと行われていることを確認しましょう。

また、犬の場合はお散歩が大好きな犬や、運動をするため、排泄のためにお散歩が必要なペットの場合はお散歩の有無がとても重要になります。

猫の場合、お散歩はなくても施設内に運動のできるスペースが十分にあり、排泄もそこで行う施設など、ペットホテルによってサービスは様々なのでペットに合うペットホテルを選びましょう。

施設の外へお散歩に出るペットホテルの場合には、事故や逃亡の対策についてスタッフにしっかり確認することが大切です。

ペットホテルの料金や予約に関して確認を

集中する猫
基本的にペットホテルは「事前予約制」です。

利用予定日が決まり次第、ペットホテルに予約の手配をしましょう。大抵の場合、来店予定時間、お迎え予定時間も予約の際に確認されるので、その点も予定を立てておきましょう。

合わせて、宿泊料金も事前の確認が必要です。ペットホテルの利用料金はそれぞれのペットホテルによって計算方法が異なりますので、しっかりと確認が必要です。

来店後24時間計算で算出する場合、一泊二日などと営業時間内であれば細かい時間の計算が無い場合、中には食事やタオルなどの備品が別途有料になる場合もあります。

お迎え予定時間を過ぎた場合の延長料金の計算方法も併せて確認をしておくとよいでしょう。

また、トリミングショップを併設している場合には、滞在中にトリミングを利用する際は、通常料金よりも割引価格になる場合もあるので、ぜひご確認を。

預かりスペースの確認

家でくつろぐ猫
最近はペットホテルのスタイルも多様化していて、一部ではケージを使用するスタイル、広いスペースを複数の犬や猫が自由に行動できるようにしているスタイル、屋外との出入りを自由にしているスタイルなど様々です。

中には、自宅をペットホテル併設型に改装し、家族同様に過ごす事をセールスポイントにするスタイルもあります。

ペットホテルの利用にあたっては、ホームページだけでは店内の様子(特に預かるスペース)はわかりませんので、事前に滞在中にどのような預かりスペースで過ごすのか確認することが大切です。

HPで施設の写真を確認する事の出来ることも増えていますが、あくまでも施設のごく一部の写真である場合が多いかと思います。

東京都内ではホテルの面積も小さなお店が多いため、実際に愛犬のサイズ、利用予定日の混雑状況からどの程度のサイズのケージに滞在するのか、他の犬、猫との距離がどの程度取れているのか、滞在する施設の衛生環境も含め、事前に確認をするとよいでしょう。

自宅の環境そのままでお世話するペットシッターについてはこちら

猫の予防注射と健康管理

ウインクする猫
初めてのペットホテル利用にあたっては、猫の場合も「混合ワクチンの摂取証明書」の提示を求められる事が多く見られます。

基本的にはどちらの予防注射も年に一度の摂取が必要とされているので、利用予定日から一年以内に摂取をした証明書を用意しましょう。

犬の場合は成犬になる事で、伝染病に羅関する可能性は非常に低くなるとはいえ、不特定多数の犬猫が同じスペースで過ごす事を考え、予防には万全をきすべきと言えるでしょう。

ですが猫ちゃんの場合は、混合ワクチンの摂取に関してさほど厳密な管理がされていない事が多いようです。

これは、猫ちゃんは滞在中も基本的にはケージ内で過ごし、他の子と触れ合う機会や散歩に出ることがない事から、病気の感染リスクが低いと考えられているからです。

しかし猫の場合も病気予防に万全をきすに越したことはないと考え、混合ワクチンの摂取を検討してみてもよいでしょう。

初めて利用する際は短時間(一時預かり)から

お試しもよいかも
個体差はありますが、ペットはいつもと違う環境に置かれるととてもストレスを感じてしまいす。

特に、怖がりな性格の子や神経質な性格の猫ちゃん。

そして初めてペットホテルを利用する際はとてもストレスを感じやすいのです。

ペットは突然飼い主の元から離され、知らない場所で初対面の人にお世話をされるというストレスに加えて、1匹で過ごすことによる寂しい気持ちといつ迎えにきてくれるのか分からない不安な時間を過ごすことになります。
何回かペットホテルを利用しているペットなら、数日経てば飼い主が迎えに来てくれることをわかっていますが、初めて利用するペットにはわかりません。

初めての場所で寂しさと不安な気持ちを抱えて過ごすのはとてもかわいそうですし心配ですよね。

なので、ペットホテルを初めて利用する場合には最初は短期間の利用にしたほうがよいのです。

最初は数時間の利用や1泊だけの利用にし、長期利用はペットが慣れてからにするのがよいでしょう。

~一時預かりについてはコチラをどうぞ~

健康状態について細かく伝える

うちの子のために
普段は元気な猫であっても、初めてのペットホテル利用は環境の変化に敏感なため、安心して眠ることができなくなってしまったり、お腹をこわしやすくなってしまいます。

事前にペットホテルに持ち込みが可能かどうかを確認し、持ち込みができる場合には普段使っている毛布や器、フードを持っていくのがよいでしょう。

普段使っているものや、飼い主の匂いのするものがあるとペットはとても安心することができます。

また、体調不良をなるべく早く見つけるためにはペットホテルのスタッフに普段の様子を細かく伝えておくことが大切です。

食事の回数や量、排便排尿の様子、犬の場合はお散歩の様子を伝えるとよいでしょう。

もし預けている間に体調が悪くなってしまった場合には、どのように対処したらよいのかもスタッフと確認しておきましょう。

特に、持病などで投薬が必要なペットの場合は、投薬回数や飲ませ方、緊急薬をどのようなときに使ったらよいのかなどを細かく伝える必要があります。

また、夜間はスタッフがいなくなってしまう施設がほとんどであるので、持病があるペットの場合や、夜間に体調が悪化してしまう不安のあるペットなどはお断りされてしまう事も念頭に置き、猫を預けるサービスを選びましょう

ペットシッターサービスについては

かかりつけ医の届け出と救急対応

甘える猫
初めてペットホテルに猫を預けるときに注意したい7つのポイント

初めての利用にあたっては、万が一滞在中に愛猫の体調面で不調が生じた際の対応を事前に確認しておくとよいでしょう。

ペットホテルの中には、24時間スタッフ常駐、動物病院併設、提携動物病院有という施設もありますが、大抵の場合は、営業時間終了後はスタッフが不在となり、翌日の営業時間まで動物達だけという状態になります。

急変の際にどのような対処を予定しているのかを事前に確認し、かかりつけ医がいる場合には予約の際に連絡先を伝えておきましょう。

特に、飼い主さんが海外旅行などで緊急時の連絡が難しい場合には、治療に際しての判断を仰げる緊急連絡先を合わせて伝えておくとよいでしょう。

ホテル以外も含めた猫にとって良い選択を

安らぐ猫
いかがでしたでしょうか。初めてペットホテルを利用するときに注意しておきたいポイントを紹介させていただきました。

こちらの記事を参考にし、猫のストレスを和らげ、不安や心配がなく過ごせるように注意してあげましょう。

ペットホテルの利用はペットにとっては少しかわいそうな気もしますが、慣れてくると顔見知りのスタッフと遊ぶのを楽しみにする子もいるようです。

猫に合ったペットホテルを見つけ、慣れ具合を見ながら上手にペットホテルを活用しましょう。


ペットサービスエン無料相談はこちら




より快適に、あなたのペットをお預かりします

どんな状況でも飼い主様とご家族が幸せで過ごせるようご協力させていただきます。