ただいま散歩代行体験実施中♪

一人暮らしで犬を留守番させるなら|都内で安全に預けたいあなたの選択肢

くつろぐポメラニアン 

一人暮らしで犬を飼うなら安心して留守番させたいですよね

こんにちは!東京都23区対応ペットサービスエンの宇井 皓之です。
初めて親元から離れ、一人暮らしで犬を飼うことになった・・という人も少なくないでしょう。

最近では、子どもを持たないDINKS世代と呼ばれる方や、巣立った後の心の空白を埋めるために、一昔前に比べて一人暮らしの方が犬を飼うというケースも増えてきました。

子どもの代替としての犬の役割に関する一考察

この2つの調査結果から、筆者は、特に女性のペット飼育者で子どもがいない人や親離れしつつある年齢の子どもを持つ人は、子どもの代替としてペットに愛情を注ぐ傾向があ
る、という結論を導いた。

ただ、一人暮らしで犬を留守番させるとなると、

子犬を飼う飼い主さん

「飼い始めた子犬の時期、留守番させるのが心配。トイレ回数が多い子犬の時期は、家に帰るとゲージ内が不衛生に・・・」

一人暮らしの女性

「犬を留守番させる経験を積んでいて、フリーにさせているが、愛犬がストレスを感じているのか留守番中思いがけない行動をしてしまう・・」

仕事中

「いつも家で愛犬を留守番させていることに飼い主さんが罪悪感を感じてしまう・・」

このように普段お仕事などで外出せざるを得ない飼い主さんが愛犬のお世話をしようにも「一人では手が届かない」状況になります。

愛犬のために悩む飼い主さんへ、今回は一人暮らしの方で犬を飼うなら、愛犬を留守番させる時の問題点

  • ①一人暮らしで飼い主さんがいない間のケア
  • ②留守番中犬の体調が悪化した際の対応
  • ③長期間の飼い主不在の際の犬の預け先

3つの問題を解決させる方法について説明します。

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

一人暮らしで飼い主さんがいない間のケア方法

抱っこされるチワワ

一人暮らしで犬を飼う飼い主さんが留守にしている際、あなたは何に気をつけていますか?

まず気をつけたいことは、事前に愛犬を留守番させる環境づくり(準備が一番大切です)から。

自宅内で愛犬が体の向きを変えられる大きさのゲージを使用し、事故を防ぐ安全な環境にすることで飼い主さんも落ち着いて過ごせます。

飼い主さんと生活リズムを合わせてくれる賢い犬ならば、日中はゆっくりと休む子も。

ケージに慣れていることは、災害が起きた際の避難をする際にも有効です。

今後予期せぬ自体に備えて、比較的長時間でない留守番の際には愛犬がケージで過ごす環境が好きになるための練習をしましょう。

予期せぬ地震により、部屋の中にある物が倒れてしまうことがありますので、

  • 大きな家具や電化製品は固定させる
  • 上を覆うタイプのケージが安全
  • 高いところに物を起きすぎない

部屋の中で、愛犬が留守中も安全で過ごせる場所を確保してあげましょうね。

飼い主さんが愛犬に教えたいこと

一人暮らしで犬を飼うなら|都内で預ける5つの安全策とは?


愛犬が留守番中にストレスを感じる原因の一つとして、飼い主さんの接し方があります。

例えば、
・普段から愛犬が呼ぶとすぐに体を向けて対応してしまう
・出かける前に過剰に愛犬と挨拶をしてしまう

このような無意識に飼い主さんが良かれと思った接し方も、タイミングによっては愛犬にとって

飼い主に期待する愛犬

「必ず飼い主さんに要求すれば良いことがある」
という思い込みに繋がり、ゆくゆくは飼い主を呼び続ける悪循環にもなりかねません。

可愛いからこそ甘やかさないことと、飼い主さんが出かける際は大げさに対応せず、「必ず帰るから何も心配ないよ」と心を落ち着かせてから外出しましょう。

留守番中のカメラについて

最近では、留守番中の様子が見れるカメラもありますが、何かあった際代わりにお世話をするものではないのが現状です・・。

逆に愛犬の様子が気になってしまう方もいるようです。

「放っておけば良い」という人もいるかと思いますが、普段お仕事もしている飼い主さんが一人で抱え込んでしまうと、愛犬のストレスケアどころではなくなってしまいます。

特にアナタがいない時のペットのケアをしてくれる人、サービスとしてペットシッターは知っておいたほうが良いでしょう。

留守番中犬の体調が悪化した際の対応

部屋にいる子犬
また何度も犬を飼っているのなら良いですが、そうでない場合は初めて飼う犬の体調が変化した際に飼い主さんが不安になってしまいますよね?

もし愛犬がけがをして病院に連れて行く際、どうしても人の力を借りなければなりません。

その後のケアも一人では心細いですよね。

でも、一人暮らしだと自分がいない時のペットの世話をしてくれる人がいません。

体調が悪化した時のケアを考えると、そのような場面に初めて遭遇した際はパニックになってしまうでしょうし、一人暮らしだとどうしても犬の世話ができない空白の時間が出来てしまいます。

事前の予防策として、愛犬がケガをした際や病気で入院してしまうことにも備えて、近くの動物病院、シッターと繋がりを持っておきましょう。

よく入院までいってしまうケースとして、愛犬の精神的な不安(普段の接し方によります)から、愛犬が留守番中のいたずらから誤飲してしまうことがあります。

「いつもはこんなことしないのに・・」といった事が飼い主さんが外出中は起こりますので、普段から部屋の物の整理を行い

コンセントをかじってしまうのを防ぐ、柱の角にぶつけてしまい骨折しないよう、部屋の配置を工夫してもよいでしょう。

家をフリーにして留守番させる際は

・刃物があるキッチン
・犬が口にしてしまうと危険な洗剤などがある風呂場

などの危険な恐れのある場所に立ち入らないよう、留守番させる居場所を限定させましょう。

初めて長期間飼い主さんが不在になる際の犬の預け先

家で待つ犬
初めて犬を飼う際の1番の問題は飼い主さんが、年末年始の帰省や出張、緊急を要する法事などが理由で長期に家を開ける場合です。

長期に家を開ける際には、留守番中の犬を散歩につれていく人も、餌をあげてくれる人も、排泄物の始末をしてくれる人もいません。

飼い主さんが長期家を留守にした際の問題点は、愛犬のことだけではありません。

・観葉植物に水を与えたい
・郵便物の確認がしたい
・空き巣に入られるかもしれない

このような家で行う仕事も、家族がいればやってくれることも、一人暮らしだと難しいことがあります。

そういった飼い主さんがいない時のケアを考えると、実は一人暮らしは想定以上に犬へのリスクが大きいのです。

そんな心配を解消するために、一人暮らしの飼い主さんの代わりに、留守番中愛犬のお世話をから簡単な家の家事も代行できるペットシッター・ホテル・動物病院の比較をしてみましょう。

愛犬を預ける一般的な選択肢とは?

愛犬を宿泊させるサービスとして代表的なものがペットホテルです。

施設により様々な体系がありますが、一般的には他の犬や猫などの動物達と同じ空間で、ケージ内に入り一夜を過ごす形式となります。

必ず事前に見学をさせてもらい、施設内が清潔であるのかや、料金体系についても問い合わせましょう。

ペットホテルの場合

メリットデメリット
他の動物になれていれば寂しさを緩和できる環境が変わり、ストレスを感じやすい
病院との提携により獣医の診察を受けることができる施設内に動物がいるため、病気の感染リスクが高い
店舗数が多い、特色があるので、良い条件のホテルも見つけることは可能店舗内が忙しいときは、個別に愛犬の時間をかけてあげることが難しい
施設内が安全であれば、今後も預けることができるペットホテルへの移動時間の拘束、愛犬が慣れていない環境へのストレスあり

家族や知人・友人の場合

メリットデメリット
気心が知れた人にお願いできるいつもお願いできるとは限らない
愛犬を預ける料金がかからない犬の性格についてや、お願いしたいことをしっかり理解してもらう必要がある
犬のことが好きな知人に頼めると安心万が一のトラブルが起こると保障が難しい
預けた先の自宅が安全であれば、今後も預けることができる都内に住んでいる場合は、近所にそのような人は見つかりにくい

ペットシッターの場合

メリットデメリット
ご自宅の環境でお世話ができるので愛犬のストレスが緩和できるご自宅でお世話をするための入念な打ち合わせが必要
飼い主さんの希望に合わせたお世話ができる料金体系により、ホテルより値段がかかることもある
飼い主さんが愛犬を送迎する時間などを大幅に短縮できるスタッフがご自宅へ上がることに抵抗がある・不安
ご自宅を不在にする間の防犯につながるスタッフが信用できないと利用できない

このようそれぞれメリット・デメリットが存在していますが、特に東京都内に住む皆様にとって最適の、私がおすすめするペットシッターサービスをご紹介します。

留守中でも愛犬のケアを行える、都内で人気のペットシッターとは?

犬と飼い主

  • 留守番中など万が一の際に備えた対応ができる
  • 飼い主さんが気づきにくい部分のケアができる
  • 普段の運動不足など健康状態に応じた細かな対応ができる
  • 飼い主さんへ犬の飼い方のアドバイスをしてくれる
一人暮らしの飼い主さんに、ペットシッターに相談するのがおすすめなのが、この5つの理由です。

あらかじめペットシッターに相談しておけば、初めての方でも一度打ち合わせを行い、万が一の際にすぐにペットシッターに依頼できるので、急な出張やペットの体調悪化のときにも、すぐに派遣してもらうことが出来ます。

また、あまり知られていませんが、ペットシッターは飼い主さんのしつけや、ケア方法にも精通している方がおり、ペットシッターに初めて犬を飼う際のしつけやケア方法のアドバイスをもらうことが出来ます。

自宅の環境をそのまま引き継ぐことができる最大のメリットがありますので、これから一人暮らしで初めて犬を飼うのなら、初めて飼う際にすぐにペットシッターへ相談した方が良いですよ。

飼い主さんが気づきにくい部分のケアができる

おもちゃと犬
ペットの健康状態は常に正しく把握しておきたい事柄だとは思います。

しかし、初めてが故にネットの情報に振り回されて「何からしたら良いの?」と混乱していませんか?

そんなあなたの不安もペットシッターなら、長年の経験と正しい知識からあなたの犬の健康状態についても直接お世話をしながらアドバイスしてくれます。

普段の運動不足など健康状態に応じた細かな対応ができる

見上げるポメラニアン
一人暮らしで犬を留守番させる飼い主さんにとって、最大の関心事は”愛犬が喜び、そして飼い主さんも心の安定を持つこと”ではないのでしょうか?

今や様々なサイト上などでも、ワンちゃんとの過ごし方について掲載されていますが、動画やサイトの情報のように上手くいかないという人がほとんどでしょう。

ペットシッターなら長年ペットを育ててきた経験から、愛犬が人間社会のルールを守れるよう、自宅での過ごし方から飼い主さんと犬との生活環境についてお世話をしながらアドバイスすることができます。

愛犬が快適な留守番ができるよう環境作りをアドバイス

女性と愛犬

犬を飼うために必要なのは、しつけだけではありません。

留守番中のお世話の仕方や犬種ごとに違うケア方法など、そういった細かなケアはネットや書籍では載ってはいません!

ペットシッターの経験を活かしたきめ細やかな飼い主さんへのアドバイスは、今後犬を飼う上で大きな財産になるはずです。

飼い主さんにもうれしいサービス

飼い主と記念撮影する犬

一人暮らしで犬を飼う方が留守中のペットのお世話をペットシッターにお願いするのは、ペットにとってもストレスなく過ごせるとてもよい方法です。

そして犬を飼う飼い主さんにとってもうれしいサービスがたくさんあります。

ペットホテルなどに預ける場合、出張や旅行当日の忙しいときに、指定の時間までにペットホテルまでペットを連れて行かなければなりません。

ですが、ペットシッターの場合は約束をした時間にペットシッターが自宅に訪問してくれるので、気にせずに準備をすることができるのはとても大きなメリットですよね。

犬を飼うと外出中、ペットの様子が気になってしまう飼い主さんも多いと思いますが、ペットのお世話をした際にペットの様子を写真と一緒にメールで報告してくれるサービスもあります。

また、新聞の取り込みや植木の水やり、部屋の換気などをおこなってくれるペットシッターも多く、犬を飼う際も必ず訪れる長期間の留守番などは防犯上の効果も高まりとてもうれしいサービスになります。

なお、人見知りが激しいペットや神経質なペット、飼い主以外に懐かないペットの場合、ペットシッターに預けるのが不安に思う飼い主も多いかと思います。

そんな子の場合は、打ち合わせのときにペットシッターが直接ペットと触れ合い、テスト散歩などで確認をしてくれることがほとんどです。

どうしてもペットシッターとスキンシップがとれない場合は、ペットシッターを別の人に変えてもらうなど、なるべくその子に合う、親身に相談に乗ってくれるペットシッターを見つけることが大切ですね。

一人暮らしの猫の留守番中のお世話についてはこちら

また先述した通り、アナタがいない時のお世話だけでなく、一人暮らしで初めて犬を飼う際のアドバイスも教えてもらえるので、万が一の時のことだけでなくこれからの日常生活のことの相談には一度今後の相談も含めて犬を飼う飼い主さんの悩みを知っているペットシッターへなるべく相談するようにしましょう!

愛犬と生活してからの不安を解消

楽し気な愛犬

飼い始めたばかりのワンちゃんのしつけにしろ、普段の体調管理方法にしろ、性格に合わせた飼い方のコツにしろ、事前に対策していればまさかという自体を避けることが出来るようになります。

また、何度もご紹介している通り、現場でお世話をしているペットシッターだからこそ教えてもらえるアドバイスもたくさんあります。

その中にはインターネット上の情報にないものや、獣医さんも知らないものもたくさんあります。

お試し体験もありますので、試しに一度ペットシッターを利用し、これから長く付き合っていく犬を飼う際のヒントを貰うなど、犬にも人間にも負担の少ない、本来求めていた生活を目指してみてはいかがでしょうか?