一泊旅行でも!プロが教える子猫に安全なシッターの選び方

日向ぼっこする猫
子猫の時期は特におすすめです

こんにちは!東京都23区対応ペットサービスエンの宇井 皓之です。
旅行時は、家で留守番する子猫の心配や不安を感じることなく旅行そのものを楽しみたいですよね。

友人や家族に頼めない場合、子猫を誰かにあずける、またはお世話を頼む際に考えられる選択肢は、ペットホテルかシッターのどちらかになるでしょう。

旅行に子猫を連れていけない場合の預け先の選び方については、飼い主さんの考えやニーズによって変わってきます。

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

旅行時はペットホテルとシッターどちらを選ぶ?

こちらを見ている子猫
ペットホテルとペットシッターの大まかな特徴をご説明します。

<ペットホテルの場合>

  • 1つのケージに1匹または1頭ずつ入れて、個別にお世話をしてくれるタイプが一般的ですが、最近では広い部屋で他の子猫やペットたちと一緒にお世話をするところ、人間のホテルような個室タイプのものなどもあります。

  • ペットホテルだと、24時間スタッフが見回りチェックをしてくれますし、動物病院やトリミングサロンに併設されているホテルも多く、ペットマッサージなどのオプションプランが選択できるところもあります。

  • 大切な子猫を預けている間様子を見てくれる安心感はありますが、普段生活している自宅の部屋とは違った環境で過ごすことになるので、子猫にとってはストレスになる場合もあることは頭に入れておきましょう。

また、他の動物と同じ環境で過ごすため、病気をもらってしまうリスクも考えられます。さらに、飼い主さんがペットホテルまでネコちゃんを連れて行き、帰りは一緒に帰るという送迎も必要になるので、旅行時の荷物の状態なども考慮する必要がありますね。

<シッターの場合>

  • 自宅に1日1時間前後、子猫のお世話をしにシッターが来てくれるサービスです。

  • 自宅への訪問頻度や回数は、契約時に交渉することも可能なので、1日朝晩の2回訪問をお願いするといったこともできます。

普段子猫が生活している自宅で、お世話をしてくれるというところが、ペットホテルとの大きな違いですね。
子猫にとっては飼い主さんがいないところを除けば、通常の暮らしとあまり変化なく過ごすことができるでしょう。ごはんやおもちゃなども、いつものごはんにお気に入りのおもちゃと、飼い主さんが旅行に行っている間に子猫の生活スタイルが大きく変わることはなさそうです。

シッターの良い点・不安な点

家庭に溶け込む子猫
1泊の旅行なら、24時間お世話をしてくれるペットホテルでなくとも、家を空けている1日の1時間ほどだけお世話をしてくれるペットシッターで十分ではあります。

1週間などといった長期間家を空けるのであればペットホテルも検討要素に含まれるかと思いますが、1日であれば、飼い主さんがいなくとも子猫にとってそれほど負担にはならないでしょう。

さて、もし1日の旅行で家を空けることになりペットシッターにネコちゃんのお世話を頼もうと考えた時、知っておきたいのがペットシッターのメリットとデメリットですよね。

こちらでは、ペットシッターのメリット・デメリットについてご紹介します。

<シッターの良い点>

  • 生活環境が変わらない
  • 自宅でなくホテルや別の場所に突然入れられたら、子猫も驚いて困ってしまうでしょう。
    慣れないうちはストレスにもなります。シッターなら、普段から暮らしている自宅で過ごせますから、子猫にとってストレスになりにくいのです。

  • 1対1でお世話をしてくれる
  • ペットホテルですと、たくさんのペットたちに数人の職員さんという体制でお世話をされますが、シッターなら子猫、1対1で、たとえ1時間程度であったとしても預けた子猫にすべての力がそそがれるので安心して預けることができます。

  • 病気をもらうことが少ない
  • たくさんのペットがいるホテルでは、他の動物から病気をもらってしまう可能性も多少はあります。その点シッターにお願いすれば、子猫と他の動物との直接的な接点はないので、病気をもらうリスクは格段に低くなります。

<シッターの不安な点>

  • 自宅のカギを預ける必要がある
  • 飼い主さんの不在時にシッターが自宅に出入りをするので、カギを預けておく必要があります。
    合鍵や暗証番号など、防犯上どうしても不安な要素はあります。自身が不在の時に部屋に入られることが心配な方や、カギを渡すのに抵抗がある方はこの点を十分検討する必要があります。

  • 急病の対処が遅れることもある
  • それまでの様子や出発時の様子で特に問題がなかったとしても、急に子猫が体調を崩してしまう可能性もあります。

    コースにもよりますが、ペットホテルシッター共に24時間お世話をしてくれるわけではありませんから、シッターさんが不在の時に体調の変化があった場合、対処が遅れることも考えられます。

旅行時におすすめのシッターを選ぶポイント

目をつぶる子猫
シッターの選び方のポイントとしては、まず何より信頼できるかどうかです。
これまでのシッターさんの実績やWEB比較サイト・愛子猫家のコミュニティでの評価なども重要な検討要素になるでしょう。

また、事前打ち合わせをした際の子猫に対する態度や飼い主さんの希望の受け取り方も選ぶポイントになります。

誠実に対応してくれそうか、子猫との相性は良さそうかなど、人柄の部分もよく見ておきましょう。


ペットサービスエン無料相談はこちら

より快適に、あなたのペットをお預かりします

どんな状況でも飼い主様とご家族が幸せで過ごせるようご協力させていただきます。