大型犬をペットホテルに預けるより快適に過ごせる方法とは?

ペットホテルもいいけれど、大型犬はゆったり自宅で預けてみませんか?
こんにちは!
ペットシッターサービスエン宇井です。
泊りがけで出かける用事があるのに、愛犬の面倒をみてくれる人がいない――。

そんなとき、まず最初に思い浮かべるのがペットホテルではないでしょうか。
ペットホテルの多くは24時間体制で預かったペットを管理してくれますし、動物病院やトリミングサロンなどに併設されているホテルだと、預かってもらっている間にオプションでいろいろなサービスが受けられることもありますよね。

そんなに便利なら、ぜひペットホテルに預けよう!と考えてしまいがちですが、ちょっと待って!

もしもあなたの愛犬が大型犬だとしたら、ペットホテルに預けてもデメリットのほうが多くなってしまうかもしれません。

大型犬をペットホテルに預けるうえで心配なこと

心配そうな犬

ペットホテルに犬を預けた場合、どのような場所で日中を過ごすのかはホテルによっていろいろです。

1匹ずつケージに分けられた状態で過ごすこともあれば、何匹かで同じスペースに入れられることも。

いずれにしろ共通しているのは、愛犬にとってはほとんど馴染みのない場所で過ごすということです。これは、私たち人間が思っている以上に犬にとってはストレスになるかもしれません。

と言うのも、犬にとって自宅は自分の陣地。この世で一番くつろげる場所です。

しかし、どんなに社交的な性格の犬であっても、ペットホテルは見知らぬ場所。

仮に他の犬と仲良く過ごせたとしても、自分のフィールドではないことと、飼い主さんがいないという二重の精神的なストレスを抱えてしまうことを避けることはできないでしょう。

そんな精神的なストレスを緩和するためにも、充分な散歩や運動が必要になるわけですが、ペットホテルの場合はその対応が充分にはできないかもしれません。

もちろんペットホテルでもお散歩付きというところは少なくありませんが、滞在しているペットの数によっては、1頭ずつに対して満足いくまで時間を割けるとは限らないのではないでしょうか。

ましてや、大型犬の散歩に不慣れなスタッフが対応した場合は、どの程度の運動強度で歩かせればいいのかを、おそらくそう簡単には把握することはできません。

その結果、犬を外に連れ出しただけで終わってしまい、大型犬を満足させられるだけの散歩にならないことだってありえるのです。

飼い主さんが留守中の大型犬に必要なこと

これから大きくなる子犬
犬はいつでも飼い主さんと一緒にいたがる生き物。

つまり、飼い主さんが不在という状況は、仮にペットホテルで楽しいレクリエーションが経験できたとしても、犬はやはり寂しくなるものなんです。

ということは、留守中の愛犬がいかに快適に過ごせるのかを考えるとしたら

     

  • 精神的なストレスを緩和できるだけの充分な散歩、運動、遊び。

  • 精神的に落ち着いていられる環境。

  • 衛生管理と食事の管理。

この3点に重点を置くべきではないでしょうか。

これは体格の差に関係なく、小型犬から大型犬まですべての犬に言えることです。

しかし、大型犬は力が強いだけに、運動量や散歩の質などがより重要なポイントになるのは間違いありません。

ペットホテルに預けるという選択は、この点を充分にカバーできるかどうかが非情に曖昧なところが悩ましいところではないでしょうか。

ペットシッターという選択

自宅だと安心な様子の犬
日本ではペットホテルに比べてペットシッターの認知度はいまひとつですよね。

欧米ではベビーシッターが一般的に浸透していることから、ペットシッターについても受け入れやすかったのではないでしょうか。

そう考えると、他人が家の中に入ってきてペットの面倒をみるというスタイルに対して日本人が及び腰になってしまうのは、仕方がないことなのかもしれません。

しかし、欧米ではなぜあれほどまでにベビーシッターやペットシッターが活躍しているのかといえば、それはユーザーにとってメリットが大きいからです。

そうでなければ、合理主義者の多い欧米人にとってベビーシッターやペットシッターが日常的なものになるとは思えません。

そこでペットシッターに的を絞って考えてみると、少なくとも前項で述べた、飼い主さんが不在時の大型犬が必要としているポイントは、すべてカバーすることができることに気がつくのではないでしょうか。

大型犬をペットホテルに預けるより便利な点とは

真正面から撮影した犬
ペットホテルに犬を預ける場合には、飼い主さんによる送迎が必要となります。

しかし、ペットシッターの場合は自宅に来て犬の世話をしてくれるため、その必要はありません。

遠方に外出する直前という、かなり気ぜわしい時間の中でこの点がカバーできるのは、実は想像している以上に快適なものです。

また、愛犬は最も落ち着いていられる自分の陣地内で過ごすことができるため、飼い主さんがいないという精神的な不安が最小限で済むのではないでしょうか。

さらには、大型犬の扱いに慣れているペットシッターに依頼することで、馴染みのある散歩コースを選んで必要なだけしっかりと歩かせたり運動させることができるのです。

信頼できるペットシッターを見つけておくことがカギ

笑顔のレトリバー
ペットシッターを上手に利用するコツ。それは、信頼のおけるペットシッターをあらかじめ見つけておくことです。

特に大型犬の飼い主さんはペットシッターを上手に利用することで、犬のいる生活の質をぐんと上げられるのではないでしょうか。


ペットサービスエン無料相談はこちら




より快適に、あなたのペットをお預かりします

どんな状況でも飼い主様とご家族が幸せで過ごせるようご協力させていただきます。