大型犬を無理して宿泊させず、自宅で快適に過ごせるペットシッターとは?

大型犬と一緒に宿泊したいのは山々ですが、安心できる方法も
こんにちは!
ペットシッターサービスエン宇井です。
犬のいる生活を知ってしまったら、もう犬のいない生活なんて考えられない!

と言う飼い主さんでさえ困ること。それは、犬を置いたまま長期間家を不在にできない、ということではないでしょうか。

特に、大型犬の飼い主さんにとっては非情に悩ましい問題の一つですよね。

誰かに預かってもらえればいいですが、普段から犬がよほど慣れている相手でない限り、大型犬を気軽に預けるわけにはいきません。

だったらいっそのこと一緒に連れていこうにも、大型犬と一緒に宿泊できる施設は残念ながらそう多いとは言えないのが現状です。

たとえペットの宿泊が可の施設でも、大型犬不可というところは少なくありません。こんなとき、いったいどうしたらいいのでしょうか。

大型犬をペットホテルに預けるうえで気がかりなこと

調べる犬
出張や入院などに限らず、愛犬を連れていくことが難しい宿泊を伴う用事というのは、どんな人にもありえることです。

たとえごく普通の旅行だとしても、毎回必ず犬連れで行けるとは限りませんよね。

また、同居の家族がいたとしても、慶弔などは家族全員で出かけることも多く、結局のところ誰も犬の面倒をみることができない、という事態も珍しくありません。

そんなときの犬の預け先として、まず考えるのがペットホテルではないでしょうか。

確かにペットホテルは犬を預ける先として、非情に利便性が高いことは間違いありません。

予約が取れさえすれば、さっと連れて行ってぱっと預けることができますし、24時間体制で管理しているところがほとんどである点も、安心材料の一つですよね。

しかし、大型犬をペットホテルで宿泊させる場合は、小型犬を預けるのに比べてより慎重になるべき事柄がいくつかあります。

  • どれぐらいの大きさのケージで過ごすことになるのか。
  • 散歩にどの程度の時間をさいてもらえるのか。
  • 個別に遊ばせるような時間はとってもらえるのか。
  • 愛犬がナーバスになっているときは、どのような対応をしてもらえるのか。

これらは、大型犬にとっては非情に重要な懸念事項です。

なぜなら、環境の変化や運動不足など、飼い主不在によるストレスが原因で制御がきかなくなってしまった場合、大型犬は体格が大きくて力が強い分、万が一暴れてしまうと非情に厄介なことになるからです。

ペットシッターに依頼することで得られるメリット

凛々しい姿の犬
ペットホテルのデメリットは、慣れない環境の中で見知らぬ人や動物に囲まれて、精神的に不安定になりやすいところです。

ペットホテルに預けたはいいけれど、今頃ストレスで体調を崩していないだろうか。

そんな心配をしつつ愛犬をペットホテルに宿泊させるぐらいなら、愛犬を自宅に残したまま、世話をペットシッターに依頼したほうが飼い主さんも安心して出かけられるのではないでしょうか。

愛犬をペットホテルに宿泊させるにしても、ペットシッターが世話をするにしても、飼い主さんの不在は少なからず犬を不安にさせることは間違いありません。

しかし、そこに加えて環境までが不慣れな場所になってしまうのと、犬の陣地ともいえる自宅で過ごせるのとでは、ストレスの度合いには大きな違いがあるはずです。

また、ペットシッターは散歩の時間や運動の強度など、依頼に応じて柔軟な対応ができるため、大型犬が充分に満足できるだけのストレス発散の場を提供することも可能です。

これにより、飼い主さんが不在という最大のストレスをかなり和らげてあげられるのではないでしょうか。

大型犬に慣れたペットシッターを選ぶことの重要性

スタッフを信頼する犬
とは言え、ペットシッターに大型犬の世話を依頼する場合にも、必ず押さえておきたいポイントがあります。それは、大型犬の世話に慣れているペットシッターに依頼することです。

犬にとって自宅はこの世で一番安心できる場所。しかし、ペットシッターが完全に飼い主さんの代わりになることはできません。

そのため、どんな動きや反応を見せるのかは、実際のところは実地でないとわからないこともあるからです。

普段は誰に対しても温和な態度をとる大型犬だったとしても、飼い主さんが不在という状況の中では、飼い主さんすらもが予想していなかったイレギュラーな態度をとるかもしれません。

このときに、大型犬に慣れていないペットシッターでは、とっさに対応できないことがあるのです。

それが散歩に連れ出した屋外での出来事だったら、愛犬を危険にさらしてしまうだけでなく、連れ出したペットシッターはおろか、周囲の人や動物にまで危険が及んでしまうかもしれません。

飼い主さんが不在でも愛犬が快適に過ごすことができるということは、飼い主さんが安心して出かけられることとイコールです。

そのためにも大型犬の世話に慣れているペットシッターに依頼するのが、最善であることは間違いありません。

ペットシッターは飼い主さんの心強い助っ人

笑顔を見せるゴールデン犬
犬はいつでも大好きな飼い主さんと一緒にいたい生き物です。

しかし、事情があってそれが難しいときは、出切るだけ愛犬にとってストレスの少ない方法でお留守番をさせてあげたいものですよね。

だからこそ、無理に大型犬が宿泊できる場所を探すより、自宅で快適に過ごせるペットシッターを依頼することには確実にメリットがあるのです。


ペットサービスエン無料相談はこちら




より快適に、あなたのペットをお預かりします

どんな状況でも飼い主様とご家族が幸せで過ごせるようご協力させていただきます。