中野区ペットシッター活用法|お仕事中は愛犬の散歩代行で健康管理を

きれいな花の前でお座りする犬
若者の多い中野区は、今後新たにペットシッター文化が育つ?

こんにちは!東京都23区対応ペットサービスエンの宇井 皓之です。
いつも愛くるしい姿や表情を見せてくれる我が家の愛犬。

いつでも一緒にいたいものですが、自宅でお仕事をしている飼い主さんにとっては、ときに集中して仕事を片付けたり、仕事関係の来客があったりすることもあるでしょう。

そうしたとき、ペットのお世話はどのようにしていますか?

芸術やサブカルチャーの発信地、東京都中野区にお住まいの方に向けた、ペットシッターの活用法です。

飼い主の仕事中はペットシッターにお任せ!

外で歩くのが大好き
中野区ペットシッター活用法|お仕事中は愛犬の散歩代行で健康管理を


在宅仕事の締め切りが立て込んでいて、わんちゃんのお散歩に行く時間がない!

動物アレルギーをもつクライアントが打ち合わせで自宅を訪問するので、わんちゃんを一時どこかに預けるか、外に出す必要がある・・・・・・

そんなお仕事とペットのお悩みは、ペットシッターが解決できるかもしれません。

ペットシッターであれば、ペットホテルとは違い、時間単位で利用できます。

朝や昼、夕方など、一回ずつでも必要に応じて時間や回数が設定できるので、仕事がたてこんでいるときや外出時、来客があるとき、数時間だけ利用するといった依頼も可能です。

ペットシッターに依頼できる内容は、一般的に「食事の世話」「トイレのお掃除」「お散歩」「遊び相手」「ブラッシング」など。

このほか、郵便物の取り入れ、植木の水やり、ゴミ捨てなど簡単な家事や軽作業などを依頼できる場合もあります。

多忙でお散歩に行く時間がないので、犬の散歩代行のみ依頼したいという場合や、自宅に立ち入ってほしくないので、外で世話をしてほしいといった依頼の仕方も可能です。

どのような依頼内容であっても、事前にきちんと要望を伝えて打ち合わせをすることが大切です。初めて利用する場合は、事前に一度会っておくと安心です。

何時頃来てもらうか、来てもらった時に何をしてもらうか、何を食べさせるか、お散歩に行く場合にはどのコースを回るのかなど、基本的なお世話内容について、必ず両者で確認しておくことで、トラブルが回避できます。

また、ペットシッターを利用する最大のメリットは、わんちゃんに「いつもと同じ」環境を提供できることです。

食べ慣れた自分のボウルでお気に入りのドッグフードを食べ、大好きなオモチャで遊び、いつもと同じお散歩コースに行き、自分のにおいがついたベッドで眠る・・・・・・。

飼い主がお世話をできなくても、わんちゃんの「日常」を維持するためには、ペットシッターとのコミュニケーションが欠かせません。

また、ペットシッターは自宅に出入りすることも多いので、信頼に足る人に依頼することも大切です。

その点でも、事前にコミュニケーションをとっておけば、大切な家族であるペットを預けても大丈夫か、自宅に招き入れても大丈夫か、といった判断ができるでしょう。

犬の散歩代行についてはこちらも

中野区のペットシッターの料金は?

公園を歩く犬
中野区ペットシッター活用法|お仕事中は愛犬の散歩代行で健康管理を


中野区でペットシッターを依頼する場合、ご飯をあげたり、トイレをお掃除したり、お散歩に行ったり、遊んだり、ブラッシングしたりといった基本的な「シッティング」と呼ばれるサービス60分の相場は、小型犬で2000円、中型犬で3000円、大型犬で4000円程度のようです。

このほか、お世話をするペットの数によっても、価格がかわってきます。長期や複数回での利用で料金を割り引きをするペットシッターもいるようです。

犬のほか、猫や小動物のお世話についても、サービス内容や価格が変わってきます。

ただし、ペットシッターを選ぶ際に重要なのは価格ではなく、上でも述べたように信頼できるかどうかがもっとも重要です。

安いからといって飛びつくのではなく、大切な家族であるペットのお世話を任せられるかという判断に基づいて、依頼相手を決めるべきです。

もし相場よりも格段に安いペットシッターがいたとしたら、少し疑ってみたほうがいいかもしれません。

中野区のペットシッター・犬の散歩代行の評判は

外の空気を満喫する犬
中野区ペットシッター活用法|お仕事中は愛犬の散歩代行で健康管理を


中野区は、ペットシッター派遣業者も多いだけあって、きちんとサービス内容や料金を明示した業者が多い印象です。

選ぶポイントとしては、「動物関連有資格者をスタッフとして雇用しているか」「日本ペットシッターサービスのような業界団体や、ペットシッター補償制度といった制度に加盟しているか」、「お世話したペットの状態やお世話内容などを、メールや書面できちんと報告してくれるか」、「ペット保険や個人賠償責任保険などに加入しているか」といった点があります。

フリーで活動するペットシッターもいますが、安心感を求めるのであれば、法人経営しているペットシッター派遣業者を通すとよいでしょう。

ネット上の情報だけで判断できない場合は、かかりつけの動物病院の先生やいつもお願いしているトリマーさんなどに相談してみてもよいかもしれません。

地域で長くペット関連のビジネスにかかわっている人であれば、評判のよいシッターを知っている可能性が大いにあります。

また、お散歩のときにあいさつをする顔見知りの飼い主さんなどの口コミを参考にするのもよい方法でしょう。


ペットサービスエン無料相談はこちら

より快適に、あなたのペットをお預かりします

どんな状況でも飼い主様とご家族が幸せで過ごせるようご協力させていただきます。