愛犬を長期預かりする際|東京で活用したいペットシッターとは?

外が好きな犬
愛犬を長期預かりさせるために、安心して預けるサービスは?
こんにちは!
ペットシッターサービスエン宇井です。
東京で過ごす皆様にとって、大切な家族である愛犬との日々は何にも変えれないものだと思います。

ですが飼い主さんが緊急で入院してしまうことや、長期の旅行や出張中などでペットシッターに預ける機会も訪れてしまいます。

すぐに駆けつけてくれる人がいればよいのですが、一人暮らしの方は特に心配ですよね。
愛犬の長期預かりを検討されている方にとって、問題となる点は

  • どのようにして預かっているのか、不在時の愛犬の様子を知りたい
  • 飼い主さんにとっても、離れた場所で愛犬がどのように過ごしているのか、心配になります。

  • 愛犬のストレスがかからない選択をしたい
  • 安心できる人に預けたいのはもちろんですよね。

  • ペットホテルが一般的な選択肢だが、良い評判を聞かない
  • yahoo知恵袋などの飼い主さんの声を聞いていると、不安になる方も多いようです。

そんな時に、自宅でそのままの環境で愛犬を預かるペットシッターという存在がいます。

事前に愛犬についての情報をペットシッターに伝えておくことで、飼い主さんにとっても愛犬にとっても、長期の預かり中愛犬にとって快適なお留守番となります。

今回は愛犬を長期間安心して預けるために飼い主さんができる対策・ペットシッター活用法をご紹介します。

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

あなたの愛犬に合った快適に過ごせる場所は?

家でぐっすり寝る犬
愛犬にとって快適に過ごせる場所は、もちろん飼い主さんといっしょに暮らしている自宅です。

しかし、飼い主さんの出張、家族旅行や帰省、健康上の理由で長期に渡って自宅を留守にしていっしょに暮らすことができないことが起こります。

大切な愛犬を長期間預かってもらうのですから飼い主さんとしては愛犬に合った快適な場所を用意してあげなければいけません。

犬はどんなときにストレスを感じるのか知っておきましょう。

  • 1.見慣れない人
  • 犬は一番よく知っている飼い主さんを基準に人の違いを判断しています。

    子どもであれば予測不能な動きや叫び声に戸惑います。

    高齢者には緩慢な動きや杖をついて歩く姿に違和感をもち警戒します。

    飼い主さんと同じような年齢であっても性別や姿形、においが違っていることに異変を感じて恐怖心や警戒心を抱きます。

    飼い主さんとリードの持ち方が違っているだけでも犬にとっては大きな違いだと感じます。

  • 2.知らない場所
  • 犬は知らない場所に警戒します。犬は未知の世界である知らない物や音、においに対して臆病になります。

  • 3.他の犬
  • 他の犬と仲良くできない犬は、同じ犬同士といっても大きなストレスを感じることになります。

  • 4.広い部屋
  • 犬は暗くて狭い自分のにおいがする場所でくつろいで過ごすことが好きです。

    犬が寝る場所として決まっているゲージ(クレート)の中にいると落ち着きます。

    愛犬をケージに慣れさせておくと、どこに連れて行っても安心できる居場所を用意してあげることができます。

    犬は適応力のある動物ですので、自分がおかれている状況に合わせて、感情や行動をコントロールしながら生活を送ることができるようになります。

    1.~4.のストレスは子犬のころから対策ができていると良いのですが、飼い主さんだけと暮らしていて社会化ができていない犬にとっては大きなストレスになります。

では愛犬を長期間預かってもらうにどこがよいのでしょうか。

飼い主さんが長期間家を留守にする場合、愛犬をどこに預かってもらえばよいのか、場所の比較をしてあらかじめ決めておいたほうがよいでしょう。

愛犬にとってストレスなく過ごしてもらうには「慣れた場所であり知っている人」がポイントとなります。

愛犬にとって安心度が高い順にご紹介します。

  • 1.ペットシッターに自宅に来てもらう。
  • 自宅は愛犬にとって慣れている場所で一番落ち着いて過ごすことができます。

    ペットシッターには基本的に食餌、水の交換や散歩といった一定の時間だけ愛犬の面倒を見てもらいます。

    ペットシッターに自宅にきてもらうメリットは、自宅にいながらペットシッターというプロに安心して愛犬の面倒を見てもらえることです。

    ずっと過ごしている自宅でゆっくり自分の時間を持ちたい犬に向いています。

    愛犬が急に体調を崩したり定期的に病院に通院している場合、ペットシッターが動物病院に連れて行ってくれます。愛犬のための買い物の代行もしてもらえます。

    デメリットは、愛犬が寂しがらないように泊まってもらうことになると料金が高くなります。

    ペットシッターの相場は1時間あたり小型犬の場合2,700円、大型犬の場合3,300円となります。

    初回打ち合わせ料や出張料、交通費がかかります。

    1時間だけペットシッターに来てもらうとペットホテルよりも割安になりますが、1日数回来てもらうとなるとペットホテルよりも高くなります。

  • 2.友人の家に預ける
  • 友人の家に愛犬を預けるには、友人の家に通い慣れていないといけません。

    飼い主さんと遊びに行って友人に慣れてもらうようにします。

    友人の家に預けるメリットは細かい頼みごとができたり、愛犬にとっても友人は安心できる人なのでストレスになりません。

    外泊することは嫌いだけれど知っている人がそばにいると安心する犬に向いています。

    デメリットは、東京都内に住む方には近隣の方にお願いする事は難しく、友人宅に犬がいると仲良くできないことや友人が犬の扱いに慣れていないと誤飲などのトラブルを起こす可能性があります。

  • 3.ペットホテルに預ける
  • トリミングに何度か行ったことのあるペットホテルに預けます。

    メリットはペットに関する知識を持っているスタッフに24時間面倒を見てもらえることです。

    他の犬とも仲良くできる犬が向いています。

    ペットホテルの利用料金の相場は、1泊3,000~6,000円です。

    犬の大きさによって料金が違います。連泊割引や多頭割引をしているペットホテルもあります。

    デメリットは、神経質で外泊が嫌いな犬は預けることができないことです。

    他の犬のにおいに囲まれて落ち着くことができません。

    犬によっては飼い主さんから置き去りにされたと思って不安になり体調を崩すこともあります。

ストレスに弱い犬や大型犬はペットシッターがおすすめです。

ストレスに弱い愛犬であれば、長期間友人の家やペットホテルで過ごすことは大きな負担になり、体調を崩す可能性が高くなります。

愛犬が大型犬の場合、ペットホテルの料金が高くなります。

大型犬の扱いに慣れていない友人の場合、散歩をするだけでも苦労することになることでしょう。

愛犬がストレスに弱かったり大型犬の場合は、一番落ち着く家でペットシッターに面倒をみてもらうことをおすすめします。

飼い主さんのベッドや日当たりの良いソファーがお気に入りの場所の大型犬もいます。

飼い主さんにとって望むことは、愛犬がいつもと同じように開放的な気持ちで休むことができて留守番をしてくれることではないでしょうか。

飼い主さんが帰ったときに家の中から元気に迎えてくれるように、長期間愛犬を預けるにはペットシッターにお願いしましょう。

愛犬の持病や癖をペットシッターに伝える

ペット保険のイラスト
犬の長期預かりを東京でペットシッターに依頼する際安心できる心得4つ

東京都内で長期の預かりの際にまず必ず伝えておいてほしいことが愛犬のどのような持病や行動の癖があるかということです。

たとえば、ダックスフンドなどは、犬種としてヘルニアになりやすいという特徴があります。

そのため、あまり腰に力がかかるような体勢をさせないでほしいというような持病に関する注意点は、必ず事前にペットシッターに伝えておくようにしましょう。

もちろん、何かしらの病気を患っている場合、長期お世話をする場合に限らずですが、えさやりの際に必ずこの薬を◯錠与えて下さい、といった「必ずしてほしいこと」も忘れずに伝えるようにしましょう。

動物病院への定期検診などもシッターとの契約により代行することができますので、いつも利用している動物病院への情報をスタッフへ提供しましょう。

また、長期預かりの際愛犬がよくしてしまいがちないたずらや行動の癖というものもあれば、ペットシッターにお預けする際に必ず伝えておくようにしましょう。

よくあるのが、

  • 「ここは大丈夫だと思っていたが、机の上のものを器用に食べてしまう」
  • 「普段しないトイレの外でおしっこをしようとしてしまう」
  • 「ティッシュで遊ぶのが大好きで、ティッシュ箱からティッシュを取り出してしまう」
  • 「長期預かり中、普段しない物(コード、柱、ケージや扉)を噛んだり傷つけてしてしまう

といったものです。

飼い主さんが長期留守にしている間は、愛犬の分離不安などの理由が原因となり、今まで起きなかった事も起こります。

こうしたよくしてしまう行動・いたずらがあれば、長期預かりの前にペットシッターに伝えておくことで、こうした行動を回避させたり、もし同様の行動をしてしまったら叱るといった対応を検討しておくことができます。

ペットシッターは普段あなたのワンちゃんと触れ合っているわけではないため、こうした持病や癖については何も知らない状態です。

飼い主さんにとっては些細な事でも、長期お世話をするペットシッターにとっては非常に大切な情報になる場合がありますので、できるだけ細かく伝えておくと良いでしょう。

当然のことですが、狂犬病の予防注射や混合ワクチンなどを済ませておくことも必須です。

ペットシッターの業者によっては、利用の際にワクチン接種を終えた証明書の提示が必要なケースもあるので、長期預かりの前に確認しておきましょう。

愛犬がストレスなく過ごすための対策【安心して預けるために】

遊ぶことが好きな犬
犬の長期預かりを東京でペットシッターに依頼する際安心できる心得4つ

愛犬によってどういったコミュニケーションを好むかというのは、大きく変わります。

例えば、基本的には放っておいてほしいという子に対して、頻繁に抱き上げて撫でるというコミュニケーションを長期預かり中ペットシッターがとってしまえば、その子にとっては非常に大きなストレスがかかってしまいます。

そのため、ご自身の愛犬が、長期預かりの前に普段どのくらいの接し方を好んでいるのかを事前に伝えておくようにしましょう。

頭を撫でられるのが好きなのか、どうしてあげると喜ぶのか、または放っておいてもらうのを好むのかといった情報を長期預かりの前に伝えておくことが大切です。

私はドッグトレーナーでもあるので、むやみに愛犬を興奮させるようなことはしないようにその子の性格を見て接し方を変えていきます。

床に余計な物を置いていると誤飲誤食をしてしまう癖があったり、トイレの外で粗相をしてしまうことが多かったりなど、普段からありがちないたずらや癖があったら、その内容と対処方法について対策がとれます。

どうしたら上手にいたずらを避けることができるのかや、叱った方が良いのかなども理解してもらっておくと良いですね。

長期飼い主さんがいない間も犬を安心させるため、犬が好きなこと(おもちゃやおやつ、散歩や遊び方)などについても伝えておきましょう。

犬の喜ぶ褒め方、褒めるタイミング、甘やかしすぎないでほしいとか、逆にできるだけかまってあげてほしいなど様々ありますよね。

長期預かり中もご自宅で飼い主さんの希望通りに行うため、普段の接し方の希望についても理解してもらうと安心です。

また、ペットシッターはあくまでも初めて会う人間です。

これから長期のお世話をお願いする際に、普段散歩中や家に来客があった際などの愛犬の反応や、ご自身の愛犬が人見知りをしてしまうタイプなのか、それとも人懐っこいタイプなのか今までの生活で起きたエピソードなどをシッターに伝えるとよいでしょう。

そうした情報を参考に、実際に長期預かりのお世話をさせて頂く中で、ペットシッターはペットとの最適な距離感を探し、長期間飼い主さんが不在の間でもペットに快適な時間を過ごしてもらえるよう努めていきます。

食事と排泄のタイミングと分量を伝えておく

お腹が空いた犬
犬の長期預かりを東京でペットシッターに依頼する際安心できる心得4つ

長期ペットシッターを利用するとき、飼い主さんが行っている犬の基本的なお世話の方法を伝えることが大切です。

長期の預かりの際、何時にどの種類の食事をあげて、またおやつとしては何をどれ位上げて欲しいのかという情報を、長期預かりの前に必ずペットシッターにお伝えください。

飼い主さんが家で行っているお世話の情報をお聞きし、忠実に行うことが愛犬のストレスを大きく減らすことにつながります。

普段通りの食事を、普段通りの時間にあげることも、飼い主さんが旅行や出張で長期不在中も愛犬が安心できる環境を作り出す一つの方法です。

愛犬にとって、自宅に見知らぬ人だけがいて、家族が長期の旅行中でいないというのは、初めは非常に不安な状態です。

そのため、長期預かりの前に必ず打ち合わせを行い、飼い主さんの望む意図を把握し、愛犬とのコミュニケーションを図ることで普段と環境が変わらない状態となるので、そうした不安を払拭できます。

また、普段の愛犬の排泄の量・タイミングも合わせてペットシッターに伝えておくようにしましょう。

長期預かりの最中にペットの健康状態を知る方法として、適切な排泄を行っているかどうかというのは、最もわかりやすい指標の一つです。

排泄は大切な犬の健康のバロメータなので、普段の排泄のタイミングや排泄物に異常がないかどうかのチェック方法などについても説明します。

元々の健康状態を把握し普段と変わらないタイミングで普段通りの排泄(量やかたさなど)を行っているかどうかを、ペットシッターは長期お世話をするため必ずチェックするようにしています。

普段お世話で使用するペット用品(リード・お皿・トイレシーツ・掃除用品等)を管理している場所についてもシッターと共有しましょう。

緊急時の対応方法について話をしておく

愛犬のもしもの為に
犬の長期預かりを東京でペットシッターに依頼する際安心できる心得4つ

お留守番の最中に犬が体調を崩したり、火災や盗難などの事件事故が起こったりした場合の緊急時の対応方法も決めておく必要があります。

犬が体調を崩した場合には、どこの動物病院に連れて行くべきか、かかりつけ病院を伝えておく必要がありますし、飼い主への連絡方法についても取り決めが必要です。

携帯電話やメール(LINEなどSNSでも)など、一番連絡がつきやすい方法,そして飼い主さんと近しい方の連絡先を複数伝えておくと良いでしょう。

鍵の取扱い方法と出入りして良い部屋を伝える

室内で遊ぶ犬
犬の長期預かりを東京でペットシッターに依頼する際安心できる心得4つ

ペットシッターに依頼する場合には、シッターによる鍵の取扱方法や、立ち入って良い場所、開けて良い引き出しなどをきちんと取り決めておくことが大切です。

室内犬の世話を任せる際には、自宅の合鍵を預けることになってしまうので、鍵を紛失されたりすると大変なことになります。

そこで、どのようにしてを渡すのか、鍵を渡さないならどのような代替手段を使うのか(マンションであれば管理者を通じてやりとりする、スマホ鍵を使う、犬を外飼いにするのか)など、しっかりと取り決めておきましょう。

その他にも、

  • お客様の要望によりセキュリティーシール(空けてほしくない場所に貼る事であとが残るシール)が導入できる

  • ペットのお世話に使う物を管理している引き出し以外は空けてほしくないのは当然なので、証拠が残せるものをシッター側にお願いして了承をもらいましょう。

  • 事前打ち合わせの際に立ち入る場所を双方確認の上契約しているか

  • シッターが出入りして良い部屋を決めておくことも大切です。

    シッターが家の中に立ち入るとしても、入ってほしくないプライベートな部屋があるでしょうから、立ち入って良い部屋はシッティングをするための最小限度のスペースにとどめておくべきです。

    どこに入って良いのかまたは入ってはいけないのかなどを、しっかり取り決めてシッターに伝えて了解をとっておくことが必要ですね。

【番外編】飼い主さんが帰ってきたときの褒め方にも注意!

喜ぶ飼い主
犬の長期預かりを東京でペットシッターに依頼する際安心できる心得4つ

飼い主さんが長期の旅行、出張から帰ってきたときの愛犬との再会方法も気を付けたいことです。

しばらく飼い主さんと会えなかった愛犬は、帰ってきたら大喜びをして飛びついてきます。

飼い主さんとしても、精一杯褒めてかわいがってあげたいと思うところでしょう。

しかし、ここで極端に甘えさせてしまうと、犬にとっては飼い主さんがいるときといないときのギャップが酷くなって、分離不安が強まってしまいます。

そこで、帰宅時にはあえて心を鬼にして、まずは家の片付けや整理を行い、愛犬が落ち着かない場合はしばらく距離を置いたりして犬が落ち着くのを待ちましょう。

きちんと待つことができたときや、しばらく経って犬の気持ちが落ち着いたら、そのときにはたくさん褒めてあげると良いです。

このように、犬がはじめて長期お留守番するときには、いろいろと注意してあげたいポイントがあります。

愛犬にストレスがかからないよう、上手にお留守番をさせてあげたいものですね。

ペットを預かりお世話するシッターの一日

仲良しなチワワ
犬の長期預かりを東京でペットシッターに依頼する際安心できる心得4つ


ではペットシッターサービスの一日の流れをお伝えします。

  1. 訪問
  2. シッター当日は、事前に打ち合わせをした時間にペットシッターが自宅に来て愛犬を大事に預かります。

    事前の打ち合わせで顔合わせを行うペットシッターが多く、再びペットシッターに会えたことを喜ぶペットもいます。

    そして排泄物の掃除やトイレシートの取り換えをしたり、お部屋の中でおもちゃを使って遊んだりしてくれます。

  3. お散歩
  4. 愛犬とペットシッターのスキンシップが終わったらお散歩に行きます。事前に飼い主と確認したいつものコースをお散歩します。

    お散歩を楽しみにしているペットや外で排泄をするペットにとって、預かり中のお散歩はとても重要になります。

    そして、ほとんどの時間を一匹で過ごすペットにとって、預かり中お散歩をしてもらえることはとてもよいストレス発散になります。

    自宅についたら、ペットシッターに足の裏や身体をきれいに拭いてもらえます。

  5. ごはん
  6. お散歩から帰ったらごはんの時間です。

    いつもの食器でいつものごはんを食べられるので、食欲不振になってしまうこともお腹を壊してしまう心配も少なくなります。

    ごはんを食べた後の食器も洗ってもらえるのでとても清潔ですね。

    ごはんが終わったら簡単に掃除をし、飼い主さんの要望で遊んであげたり、スキンシップを取ることも行い、お客様への報告を行います。

    ペットシッターの仕事は一般的にはこのような流れとなります。

    ほとんどの時間を一頭で過ごさなければならないため、ペットシッターが帰ってしまうのは少し寂しいかもしれませんが、普段預かりをお願いしているペットホテルと違い普段のお留守番と変わらずに過ごすことができるので、ペットのストレスはとても軽減されます。

    ペットシッターサービスは一日に二回、一時間~二時間程度の訪問が基本になります。お客様に合わせて長時間のシッターもできます。

    愛犬を預かり中、一回目の訪問で朝ごはんと朝の散歩、二回目の訪問で夜ごはんと夜の散歩、などが一般的ですが、ペットに合わせて調整していきます。

    また、ペットシッターというと犬や猫などが頭に浮かびますが、ハムスターやウサギのような小動物から熱帯魚までペットシッターにお願いできるペットは様々です。

    ペットに合わせてサービス時間やサービス内容をお願いすることができるのはとてもよいですね。

    まとめ:長期お預かりの最大のポイント

    家で待つプードル
    犬の長期預かりを東京でペットシッターに依頼する際安心できる心得4つ

    私が東京で長期預かりする愛犬のため伝えたいこと、ペットシッターが皆様のサポートが出来ることをお伝えしました。

    飼い主の方にとっては、日々同じ暮らしをしているなかで当然となっていることでも、これから長期愛犬を預かるペットシッターにとっては、はじめて知ることばかりです。

    旅行前に大切なペットについて、ペットシッターに様々な情報を伝えることは、ペットの快適な生活のためにも、非常に重要な要素となります。

    そのため、飼い主さんが長期の旅行などで家を空ける前に、

    飼い主さん
    「預かってもらうのにこんなこともお願いしてしまって大丈夫かな?」
    と思われるような細かいことでも、できるだけペットシッターに伝えてあげるようにして下さい。
    お客様のご希望に添える事も可能なのが、ペットシッターの最大の利点です。

    特に、今回ご紹介した長期預かりの際に伝えたい3つのポイントは非常に重要なので、これからペットシッターをお願いする際に思い出してみてくださいね。


    ペットサービスエン無料相談はこちら




より快適に、あなたのペットをお預かりします

どんな状況でも飼い主様とご家族が幸せで過ごせるようご協力させていただきます。