【子犬の育て方】生後2ヶ月以降家に来た愛犬が快適に過ごせる方法とは?

生後2ヶ月以降の可愛い子犬の育て方 都内で飼う際にサポートが必要な方へ
こんにちは!
ペットシッターサービスエン宇井です。
母犬から離れ、家族として迎えた生後2ヶ月以降の子犬の育て方というのはたいへんな時間と労力が必要になります。

子犬を飼う環境によってはその負担が増加したり、減少したりします。

一人暮らしの社会人が最も大変でしょう。ほとんどの時間、家を留守にすることになるからです。その時間に生後2ヶ月以降の子犬の面倒を見ることができる人は誰もいません。

夫婦で暮らしていても共働きであれば同じことがいえるでしょう。

しかし二人で生後2ヶ月以降の子犬の育て方を話し合い、お互いの休みをずらしたり、出勤や帰宅の時間をずらすことで赤ちゃんである子犬をひとりぼっちにする時間を短くすることが可能です。

ある程度のしつけを受けた成犬であれば、ひとりで長時間の留守番をすることは問題ありません。

しかし、生後2ヶ月以降の子犬の育て方となると話は別です。食事の回数も成犬が一日二回に対して、ワクチンが終わる前の子犬は三回以上が望ましいでしょう。

ほとんどの時間を寝て過ごすことにはなるものの、しっかりとしつけをしなければなりませんし、何かしら病気になりがちなのも子犬の時期です。

子犬を飼うのであれば、長時間目を離すことは避けるのがベストな選択でしょう。

一人暮らしでも快適な、生後2ヶ月以降からの子犬の育て方には何が必要なのでしょうか?

東京都内で一人暮らしをしていても、犬を飼っている方は多くいます。

成犬になった犬を飼い始めるケースが多いでしょうが、中には子犬から飼っている方もいるのです。

まったく無理な話ではありません。共働きの夫婦であればなおさらのことです。

責任重大なことですから、生後2ヶ月以降の子犬の育て方を考えるのは覚悟が必要ですが、必ずしも諦めなければならないわけではありません。いくつかのポイントをクリアできるのであれば可能な話なのです。

生後2ヶ月以降の子犬との時間を可能な限り確保しましょう

子犬を抱っこする飼い主
生後2ヶ月以降の子犬の育て方で必要な人間との触れ合いについてですが、仕事が忙しい都内に住む飼い主さんが家を空けている時間は8~12時間ほどになるのでしょうか。

まずは一緒にいられる残りの12時間を有効活用するように心がけてください。

生後2ヶ月以降の子犬との触れ合い方は人それぞれですから、そのやり方でたくさん遊んで話しかけていただきたいのですが、その時のポイントがあります。

人に触られることに慣れていくというということです。これを放置してしまうと、飼い主であっても触ろうとすると噛みつく習性ができてしまいます。

少しずつ触られることに慣らしてあげてください。最初はグルーミングが、ハードルが低くてお勧めです。

慣れてくると犬が触られると嫌がる手足の肉球などにもタッチングしていきます。人に触られることは嫌なことではないという認識をもたせてあげることが大切です。

散歩のときも同様ですが、たくさん名前を呼んであげること、話をしてあげることも大切です。

犬は正確には人間の会話は理解できませんが、飼い主の感情や愛情は、その言葉や表情から伝わります。生後2ヶ月以降の子犬にたくさんの愛情を注いであげてください。

それ以外にもこれまでお伝えしてきたようなしつけの時間が必要になります。こちらは完全に持久戦です。

ほとんどのプライベートの時間は子犬の育て方、健康管理のために費やされると思っていてください。

愛犬と一緒にいられない時間の育て方について

飼い主に抱かれるダックス
家族が他に誰か家にいるのであればまったく話は変わりますので、完全に留守になる場合を想定してお話していきましょう。

まずは生後2ヶ月以降の子犬び育て方で大事な食事についてです。

栄養を常に必要とする子犬の育て方には飼い主さんがいない間にも便利な自動給餌器も販売されています。

カメラが付いているタイプもあり、ケージ内で過ごす愛犬の様子も確認でき、必要に応じ様子を見ることができます。

成犬であれば時間とフードの量を設定しておくことができるので、留守中も安心ができます。

ですが生後2ヶ月以降の子犬期の育て方は成犬と違い、お腹の消化機能が未発達なため、フードをお湯でふやかした状態で食べる事が必要なため、留守番中はふやかしのフードを保存しておく方法に問題があります。

カメラ機能で愛犬の不慮の事態にも気づくことができるので、飼い主さんの育て方に対する不安は幾分解消されると思いますよね?

ですが問題が起きていたとしてもすぐに駆けつける事ができるかというと、難しいのが現状では無いでしょうか?

次に子犬期の育て方で重要な睡眠と他の人と触れ合う重要性についてです。

生後2ヶ月以降の子犬の時期はおよそ15~19時間は睡眠時間が必要です。

ずっと寝ていてくれるのであれば、一人暮らしの社会人にとっても助かりますが、

内容的にはゲージ内で睡眠→トイレ→食事→遊び→トイレ→睡眠→トイレ→・・・のように生後2ヶ月以降の子犬は不規則に生活していますので、15時間以上の睡眠時間はあくまでも一日のトータルということになります。

小刻みに起きている時間があるのです。ここが生後2ヶ月以降の子犬の育て方にとって大切なしつけの時間となり、社会化に繋がるコミュニケーションの時間になります。しかし飼い主はこの時間にいません。

そこで生後2ヶ月以降の子犬の育て方、成長を見守るためにはペットシッターに依頼するという方法をお勧めします。

もちろんそれなりにコストはかかりますが、多感な子犬の時期を経験不足にならないようにしっかり育てるためです。

こちらに依頼すれば、生後2ヶ月以降の子犬の育て方を見て欲しい時間にペットシッターが訪問してくれます。

トイレ等ゲージの掃除や、ごはんの時間、子犬と触れ合う時間も作ってくれますし、ワクチンの接種が終わっているのであれば散歩にも連れて行ってくれます。

これはかなり強い味方です。対応してくれるのがプロですから、生後2ヶ月以降の子犬の育て方、しつけにも多少は係わってくれますし、なにか体調などに問題がある場合は気が付いてくれることもあります。

しつけ教室で留守番のトレーニングをするという方法もありますが、重要な生後2ヶ月以降の社会化期に多くの経験を積ませてあげたいと願うのであれば、ただ留守番させるのではなく、飼い主以外の人と関わる時間を作ってあげるべきなのではないでしょうか。

そう考えると都内で需要の高いペットシッターは生後2ヶ月以降の子犬の育て方をサポートできる最も身近で頼りになる存在ですね。

これに毎日の飼い主との触れ合いがあれば子犬は元気に健やかに育っていくでしょう。


ペットサービスエン無料相談はこちら




より快適に、あなたのペットをお預かりします

どんな状況でも飼い主様とご家族が幸せで過ごせるようご協力させていただきます。