犬のダイエット方法に最適!散歩代行から始まる運動不足・ストレス解消法

楽しく散歩する小型犬
継続した散歩犬のダイエット方法で、愛犬の健康管理を!
こんにちは!
ペットシッターサービスエン宇井です。
飼い主さん
「なんだかうちの愛犬、最近太ったような気がする・・・」
そんな悩みはありませんか?太ることで不健康になってしまうのは人間だけではありません。

愛犬の肥満は、関節炎などによる歩行時のリスクや、靭帯損傷やヘルニア、心臓病、糖尿病など様々な病気の原因になる恐れがあり、太ってしまった愛犬をそのままにしておくのはとても危険なことなのです。

しかし、ダイエットをさせたくても、毎日の散歩の時間や遊んであげる時間を増やすことが難しい飼い主さんも多いと思います。

そんな飼い主さんをお助けする、愛犬のお散歩を行ってくれるサービスがあることを知っていますか?

この記事では愛犬のダイエットを行うアドバイスの一つとして、愛犬のダイエット方法にお勧めの散歩代行というサービスについて紹介したいと思います。

愛犬のダイエットも人間と同じで、無理なダイエットはよくありません。急激なダイエットはリバウンドの原因にもなってしまいます。

そして、「そろそろ痩せないとまずい」という危機感を持たない愛犬にとって、飼い主がダイエットのペースを見誤ってしまうと、とても大きなストレスになってしまいます。

空腹感から無駄吠えが増えてしまうことも少なくありません。愛犬のダイエットの場合にも、しっかりと期間と目標を決め、実行することが大切なのです。

ここからは愛犬のダイエット方法に必要な対策である

  • 犬にもある生活習慣病|飼い主さん側の認識
  • 愛犬のダイエット方法は食事だけでいいの?
  • 自宅でできる診断方法
  • カロリー消費が高い運動方法は?
  • ダイエットを継続させるのに最適な散歩代行とは?
  • ストレス管理・健康管理等について
  • その子に合わせた散歩の時間を計るコツ

についてお伝えします。この記事が、皆様のお役に立てれば幸いです。

犬にもある生活習慣病|飼い主さん側の認識

抱っこされる愛犬
人間と同じ哺乳類の犬は肥満が原因で病気になります。

現代人と同じように生活習慣病に繋がる原因の一つです。

抱えている問題は人間と同じく、室内飼いによる運動不足も大きな原因の一つです。室内で走り回るだけではどうしても運動量が不足してしまうことになります。

人間と同様犬のダイエットでは「太りやすい」今の暮らしを変えるために飼い主さんも対策をしたいところですが、 愛犬を飼う方のアンケート調査では、食事の管理に対して満足できる行動をしているのか不安があります。

飼い主さんはついついおやつを与えてしまう傾向にあるようです。

ペットの通信簿2015 =犬編= ■食事管理編■

  1. フードの毎回の給与量を性格に把握していますか? はい72.2% いいえ27.8%
  2. 愛犬の年齢における1日の適正給与カロリーをしっていましたか? はい44.4% いいえ55.6%
  3. 1日に与えるおやつのカロリー管理をしていましたか? はい 51.7% いいえ48.3%
  4. 自分や家族などが愛犬に人の食べ物をあげましたか? はい55.2% いいえ44.8%

引用元::引用 -ペット総研 ペットの通信簿2015=犬編=

日本では愛犬に与えるおやつは豊富にありますが、気をつけて頂きたいことは”おやつも含めた一日のカロリー摂取量”に気をつけることです。

おやつを摂取した分も一日の食事量の中に計算した上で、例えば「日中におやつを与えすぎてしまった」場合、夕ご飯を減らすなどの調整が必要になります。

1日に摂取するカロリーの20%以上おやつを与えてしまわないよう、食欲旺盛な愛犬に対して飼い主さんは細かく切って何度にも分けて与える、普段食べているドライフードの粒をおやつ代わりにするなどの工夫をしてみましょう。

人も犬も現代の生活で起きているダイエットの悩みは同じようです。

ですが、愛犬の健康管理(ダイエット方法)は飼い主さんの選択次第で変えることができます。

犬のダイエットのポイント

フードを食べる大型犬
先程の話の続き気になりますが、実際に「やや肥満気味の犬の方が可愛くて好きだ」とおっしゃる飼い主の方もたくさんいます。

ですから見た目的にはダイエットする必要性は犬にはないのです。犬が自らの容姿を見て、ダイエットしたいと切望することもありません。

犬のダイエット方法とは、愛犬の健康のため、寿命のために飼い主さんが管理することです。

2013年に発表された調査報告によると、肥満の犬は標準体重の犬よりも平均して寿命が10ヶ月も短いことがわかりました。

特に私が接することの多い大型犬のラブラドール、ゴールデンレトリバーがこの事例に該当するといいます。

ただでさえ大型犬は小型犬に比べて寿命は短いですので、この10ヶ月の差は重要です。

飼い主さんができる愛犬のダイエット方法のポイントと肥満の怖さについてお伝えしていきます。

  • 適正体重を把握すること

  • 愛犬の体重を把握することも必要ですが、その犬種その年齢の理想体重についても知っておかなければなりません。

    目安はサイトや書籍で調べることが可能ですが、専門家に直接確認してもらった方が的確です。

  • 食事管理

  • 犬のダイエットは食事管理がポイントです。食事を与えすぎるとオーバーしたカロリーが脂肪として蓄積されることになります。

    食事管理のポイントは3点になります。

    量を減らし回数を増やす フードが入っている袋の裏側に目安の量が記載されていますが、あくまでも目安です。

    愛犬の適正ではない可能性もあります。フードの量を減らす場合はその分回数を増やしましよう。

    犬は量よりも食べられる回数に喜びを感じます。総合的な量が減っても、食べる頻度が2回から3回に増えれば愛犬は納得します。これはおやつを与える際のポイントにもなります。

    ●ダイエットフードに切り替える

    豚肉や牛肉はカロリーが高いので、カロリーの低いささみなどがおすすめです。

    ダイエットフードも販売されていますので上手に活用してみてください。

    いきなり切り替えるとアレルギーの問題や愛犬のストレスになりますので、今までのフードに混ぜ込みながら少しずつ切り替えていくのがコツです。高繊維フードだと満腹感が持続されます。

    ●人間の食べ物を与えない

    人間の食べ物は味が濃く、塩分が多めになっています。明らかに愛犬の健康にとっていい影響はありません。

    飼い主が食事をするときはその食べ物を愛犬に与えないように注意してください。

    要求吠えがあっても飼い主さんがどこまで我慢できるかがポイントになります。愛犬のダイエットには飼い主の努力や覚悟も必要不可欠なのです。

    今の愛犬はダイエットが必要なのかを知ろう!犬の肥満の怖さとは

    向かい合う女性と犬
    愛犬を外見から肥満なのかどうか判断するのは意外と難しいですよね。

    では実際にどのあたりを見ることで今の状態を把握できるのでしょうか?

    目に見える体重の変化としては、一般的には成犬になった1歳の体重を適正体重として15%以上増加していたら肥満傾向になります。

    ボディ・コンディション・スコア(BCS)というものがありますので下記のように日常で愛犬を触りながら判断しましょう。

      愛犬の今の体の状態を知る1つの目安として、

    • ①愛犬を上から見た際にくびれが確認出来るのか?
    • ②助骨を手で触ると骨の凸凹があるのがすぐわかるような状態になっているか?
    • ③横から愛犬を見たときに、お腹と地面までの距離が近くなっていないか?
    ①でくびれが見当たらない
    ②で触っても骨が分からない
    ③でお腹が凹んでいないようなら、太り気味の状態となりますのでこれから犬のダイエット対策をしていきましょう!
    ボディ・コンディション・スコアでは大きく5段階に分かれていて、愛犬が肥満なのか、肥満に近づいているのかがわかります。

    愛犬が肥満になると体内にたくさんの脂肪を溜め込むため運動量が確実に減ります。

    飼い主さんが散歩を誘ってもなかなか嫌がるようになってしまうと悪循環の始まりなので今後に備えて散歩の重要性を理解しておきましょう。

    肥満については犬ごとによって状況が異なります。子犬の頃に肥満になってしまうと、太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。生後4ヶ月、5ヶ月の時期が要注意です。

    避妊や去勢している犬も多くなりましたが、こちらはそういった手術をするとホルモンバランスの乱れや満腹中枢の機能が変化することで肥満しやすい体質になることがわかっています。特に避妊しているメスは要注意です。

    ちなみに肥満になると寿命に影響を及ぼすことを冒頭でお伝えしましたが、具体的にどのような症状につながるのかをお伝えしておきます。

    ラブラドール、レトリバー、ゴールデンレトリバーは肥満になりやすい犬種であることも認識しておいてください。

    ●糖尿病 ●心臓病 ●血管疾患 ●関節症 ●関節疾患 ●皮膚疾患などがあげられます。他にも副腎皮質機能や甲状腺機能が低下します。

    愛犬にとっても肥満は大敵なのです。ポッチャリした犬が好き、といった飼い主の趣向も改める必要がありますね。

    肥満にならないように愛犬のダイエットを行うこともあると思いますが、急な食事制限や急激な体重減少は愛犬にとってとても危険です。

    無理のないよう飼い主がしっかり計画を立て、コントロールしてあげてください。

    愛犬が健康で一日でも長生きしてくれるよう、まずは飼い主さんやその家族・協力者の意識を高める必要があります。

    愛犬のダイエット方法は食事(フード)だけでいいの?

    おかわりを要求する犬
    人がダイエットを行うときには、食事制限をメインにするダイエットや、運動をメインにするダイエットなど様々な方法がありますが、愛犬のダイエット方法は食事制限をメインに行うことが多いのです。

    健康な愛犬が肥満になってしまう原因は、飼い主による食事やおやつの与えすぎによる「カロリーの取りすぎ」によるものです。

    なぜ食事だけでは健全とは言えないのかというと、本来犬は運動することによってエネルギーを消費し、健康を保つことができていました。犬の種類ごとに役割が違い、重い荷物を運ぶ事に長けた犬もいれば、獲物を追いかけることに優れた犬たちがいます。

    現在はそうした犬本来の欲求を満たせる機会が少なくなり、今までにはなかった肥満の問題が起きています。

    人間と同じくおそらく世界共通でしょうね。

    “フードは問題ないはずなのに太ってしまう”という場合には日々のおやつによるカロリーオーバーも問題なのです。

    そのような場合には、おやつを完全にやめてしまうか、少しずつ量を減らしていきましょう。

    愛犬のダイエット方法で食事制限をすることはとても重要なことですが、食事制限だけの方法では健康的なダイエットとは言えません。

    減量効果を上げるには、日々の散歩や運動を取り入れることが大切なのです。


    しかし、肥満度が高い犬の場合は心臓などへの負担も大きいため、急激に運動量を増やすのは身体によくありません。

    毎日少しずつ散歩の距離を増やしていく、毎日少しずつ運動の頻度を多くするなどの方法をとりましょう。

    普段からお散歩や運動をしている犬の場合にも、その量や負荷を少しずつ増やしていく方法がおすすめです。

    バランスのよい食事と適度な運動を行うことで人と同じく筋肉量が増え、基礎代謝量が上がり太りにくい身体にすることができます。効果的な散歩のストレス解消効果は抜群です。

    ですが、飼い主さんにとって愛しい愛犬がおやつを欲しがる事を許してしまうと、その代償として愛犬のカロリーオーバーから日々の運動量不足も誘発し、愛犬のダイエット方法が食事制限だけでは難しくなってしまいます。/span>

    カロリー消費が高い運動方法は?

    ドッグランを走るチワワ
    では愛犬にとってカロリー消費が高い運動とはどのようなものでしょうか?

    代表されるのは散歩ですが、こちらは一般的なカロリー消費となります。

    普段の生活で取り入れたいこととして、愛犬とジョギングしたり、ボール遊びをしたり、ドックランで遊ぶような運動は散歩より消費するカロリーが高く、非常に良いでしょう。

    大きな施設などで扱うことになりますが、水泳や、アジリティと呼ばれる、シーソーやねるなどをくぐって障害物を乗り越えるゲームは散歩の3倍近くの運動効率となります。

    ですが、このような運動を習慣づけて行わなければダイエットの効果を得ることは難しいのが現場です。

    日々忙しい飼い主さんが、日中家でゆっくりしていて、ついおやつを与えすぎてしまう現場を少しずつ変えていくためには、散歩を継続して行うことを検討されるのが一番良いでしょう。

    プロのシッターによる散歩代行とは?

    外で楽しげなパグ
    犬のダイエット方法の一つである散歩代行とは、飼い主さんが犬の散歩に行けないときに、飼い主に代わり犬の散歩のみを代行してくれるサービスです。

    愛犬との散歩は飼い主さんにとって本来楽しいもの・・。しかし忙しい日常では愛犬と共に過ごす時間が減り、愛犬に申し訳ないと気にされてる方も多いかと思います。

    飼い主さんがお散歩に行けない事例としては

    • お客様自身の体調不良によるケース
    • ・腕を怪我してしまい、一時的に利用をお願いしたい

      ・一人暮らしで愛犬と散歩に行きたいが、腰を痛めてしまった。親族の方とも連絡がついており、お願いしているが、どうしても都合がつかない日があった

    • 多頭飼いをされているケース
    • ・運動量の必要な大型犬を多頭飼いしている。女性だと引きづられてしまう恐れがあるため、男性のスタッフを探していた

    • 仕事が遅くなってしまい、愛犬と遊んであげていないと感じたときに
    • ・散歩中の様子も含めて飼い主さんに現状を伝え、愛犬も飼い主さんにもゆとりが生まれるから

    • 急な出張など用事が入ってしまった
    • ・散歩に限らず、しっかりと話をした信頼できるシッターにお世話をお願いしたい。今後も家を開ける際継続してシッター利用をしている

    このような日常で起こりうるケースで飼い主さんは散歩代行を利用されます。

    かわいい我が子ですが、飼い主さんが愛犬と接していて、ふとした時に「もっと散歩させてあげればダイエットにもなるし、家でつまらなそうにしている姿も少なくなるのでは?」と思ってもなかなか時間が取れない日々・・・

    そんなあなたにとって、愛犬が日中家で留守番をしている間信頼できる人に散歩をお願いできたらと思うことはありませんか?

    飼い主さん

    「自分の愛犬だからこそ、お世話はすべて自らやらなければいけない」
    そう思いつつ、自分を追い込んでしまうことは飼い主さんによくある悩みですよね。

    ですが、飼い主さんが不在の間でも、愛犬が散歩によって、外の空気を吸い、散歩中に匂いを嗅ぎ捜索をすることでストレスの解消ができます。

    病気や怪我で愛犬の散歩ができないときや、用事を済ませている間に散歩をして欲しいときなどに利用できる、とても便利なサービスです。

    運動量を増やしたい愛犬のダイエット方法としても、散歩代行を利用することはとても身近で簡単な方法です。

    • 散歩代行を依頼するとき

      ・愛犬のダイエット方法として実際に散歩代行サービスを依頼する際には、ホームページなどで自分の住んでいる地域が散歩代行可能な営業地域かどうかを確認しましょう。

      ・事前に愛犬の散歩をしてくれる担当の方と打ち合わせを行います。いつもの散歩コースや散歩のときの注意点、愛犬の性格などを担当者と細かく確認します。

      ・担当者と愛犬との相性なども確認した上で契約となります。

      ・散歩代行当日は、打ち合わせ通りの散歩代行を依頼し、終了後に担当者から貰う報告書などで散歩中の愛犬の様子を確認しましょう。

  • 散歩代行を受けるときに気をつけること

  • ・散歩代行を依頼する場合には、担当者との打ち合わせをしっかりと行うことがとても重要です。

    ・普段の散歩の時間や排泄のタイミング、回数などを担当者に伝えます。

    ・お散歩中の思わぬトラブルを防ぐためにも、愛犬の散歩中の癖や苦手なことを細かく伝えておくことが大切です。
    何か不安なことや心配なことがある場合には事前に確認しておきましょう。

仕事が忙しいときやお散歩に行ける人が自分しかいない場合、運動量を考えながら毎日お散歩をすることは、とても大変なあなたに

~詳しくはこちらにも書いてあります~

犬種とサイズに合わせたお散歩時間の目安

散歩する子供と犬
ここからは、愛犬に合わせたお散歩時間の目安を測る方法について説明します。

小型犬の散歩は1日で20~30分、大型犬なら1日2時間などと言われたりしていますが、これは間違った認識をされているのが実情です。

実際には4時間も歩き続ける元気なトイプードルもいれば、年齢や持病などにもよりますが30分強歩いただけで呼吸が早くなるゴールデンレトリバーもいます。

身体の大きさ以外の部分で愛犬が運動不足になっていないのかを確認する方法をお伝えします。

愛犬のダイエットとしても、その子に会う散歩の量を見極めるために、歩きながら愛犬の呼吸に注目してみてください。

愛犬のお散歩時間の目安の測り方

  1. まずは小型件、大型犬問わず、1回の散歩として、スタートからゴールまで家の散歩コースを30分と設定し、歩いていきましょう。

    15分の折り返し時点で愛犬の呼吸を確認し、口を空けて軽くハァハァと早く呼吸しているようなら程よくエネルギーが消耗されているでしょう。
  2. 理想は折り返し時点で近くの公園に辿りつき、ここからボール投げなど愛犬と短い時間でよいので遊びながら、愛犬とコミュニケーションをとりましょう。

    そして帰路につきます。折り返し地点を変更していない場合は1回の散歩時間は35~40分となりますが、折り返し地点で呼吸も乱れず元気な子は、もう10分程歩く時間を延ばし、公園で遊ぶようにしてください。
  3. 公園での遊びが終わり、元の場所に帰宅した際に愛犬の疲れ具合を確認してみてください。飼い主さんはここで愛犬の様子を観察してください。

    折り返し時点と比べて呼吸の速さがより速いテンポになっているようであれば、愛犬が疲れてきている状態です。
  4. 疲れすぎず、体力があまりすぎることのないような距離と時間を調節し、一回の散歩量を決めて行きましょう。

    これを1日に2回繰り返しながら少しずつ調整すれば必要な散歩の距離を測ることができます。

    愛犬が1回の散歩でどれ位の疲れが出ているのかを、いつもと違った視点で見守ってあげてくださいね。
  5. 日々の散歩である程度運動量(散歩の時間)が決まれば、途中の公園などでボール遊びをするなどの運動の時間を伸ばす事で散歩の時間を調節することもできます。

    ここで飼い主さんに注意してほしいことは、夏場は暑く体力を奪われるので短い距離になり、冬場は長くなり、運動の時間も伸びますので、環境によって時間を調節させてあげてください。

    老犬の場合などでは当然体力が少なくなりますので、散歩や運動は慎重に時間を設定し、なるべく疲れ過ぎないようにしましょう。

散歩代行は飼い主さんが在宅時でもご利用いただけるサービスですので、日々の運動(お散歩)はペットシッターに、食事の管理は飼い主様と分業にするようなイメージで活用されている方もいらっしゃいます。

まとめ

はしゃぐプードル
いかがでしたでしょうか?今回は、犬のダイエット方法にお勧めの散歩代行サービスについて紹介させていただきました。

体重計を過度に意識することをやめ、焦らずゆっくりと時間をかけてダイエットしていく事が大切です。

愛犬の体調管理を行うことは飼い主さんの大切な役目ですが、愛犬のダイエット方法についてお悩みの方や、今後の運動不足への予防対策をお考えの方へ向けて、ペットサービスエンでは無料の散歩代行体験も行っております。

散歩代行サービスを上手に活用し、愛犬にも飼い主にも無理のないダイエットが行えるとよいですね!


ペットサービスエン無料相談はこちら

より快適に、あなたのペットをお預かりします

どんな状況でも飼い主様とご家族が幸せで過ごせるようご協力させていただきます。